歯科助手を辞めたい理由とは?

歯科助手を辞めたい理由とは?

歯科助手は、医療機関への勤務ですが特別な資格が必要ない仕事です。

正規雇用の他にもパートやアルバイトで働く方も少なくありません。

 

意外にも学生がバイトとして働いていることもありますし、歯科助手になりたいという方は比較的勤務先を見つけやすい職業でもあります。

クリーンで雇用もしっかりしている印象が強い仕事ですが、歯科助手は長く続く方とすぐ辞めてしまう方の両極だともいえます。

歯科助手を辞めたい理由にはどんなものが多いのでしょうか。

 

そこで今回は、歯科助手を辞めたい理由をご紹介していきます!

 

歯科助手を辞めたい理由ベスト3は?

歯科助手を辞めたい理由とは?

第3位:仕事量と給料が見合わない

歯科助手の多くの勤務先は個人医院。

あまり規模の大きくない歯科医院ということが圧倒的多数です。

歯科助手の仕事は主に歯科医師のサポートになりますが、治療そのものを行うことはできません。

 

しかし、受付や電話対応・治療の準備・器具の消毒や管理・治療時の補助・患者の応対・会計・事務など、多岐に渡ります。

フルタイムで勤務している歯科助手の場合、勤務時間中はひと息つく暇もないくらい忙しいということがほとんど。

 

歯科医院は午前の診療から午後の診療までの間が長いというイメージもありますが、休憩時間が長いということはなく、午前中に片付かなかった分の事務仕事や午後の診療の準備などに追われています。

昼休憩は平均で1時間程度ですので、他の職業とあまり変わらないでしょう。

 

診療時間中はお手洗いに行くこともできないほど忙しいことも多いですが、仕事の多さ・大変さのわりには給料はそれほど良くないということが、歯科助手をやめたい理由にもなっているようです。

 

第2位:休みが取れない

現在は年中無休や診療時間が長い歯科医院も増えていますし、シフト制の勤務だという歯科助手もいますので一概には言えませんが、正規雇用の場合は週休二日制が一般的。

日曜日の他に、週中に一日休みがあるということが少なくないと思います。

面接時に有給休暇があることも確認して勤務し始めたものの、現実は有給を使うことができないということも珍しくありません。

 

また、週休二日と言っても連休にはならないため、旅行やちょっとした遠出もできないと不満を抱える歯科助手も多いです。

小さな個人医院の場合、最低限のスタッフしか雇っていないこともありますし、体調を崩しても休めない場合も。

 

仕事が忙しいこともありますが、プライベートの時間を十分に確保できないことも歯科助手を辞めたいと思う理由のようです。

 

第1位:人間関係が悪い

どんな職種や職場でも相性の合わない人はいるものです。

 

しかし、雇用主である歯科医師や歯科衛生士との人間関係に悩む歯科助手は多いですね。

歯科の治療はスピード勝負という部分もありますが、仕事に慣れないうちから手際が悪いと叱られる。

患者の前で怒鳴られる。という経験をしている歯科助手は少なくありません。

 

歯科助手は歯科医院の中では一番立場が弱いとも言えますが、歯科医のストレスのはけ口や八つ当たりされるということもあるようです。

パワハラに該当することも、他に相談相手がおらずひとりで抱え込んでしまう歯科助手も。

 

規模の大きい歯科でもスタッフ同士の派閥があったり衛生士と歯科助手でぶつかってしまう、正規雇用とパートやバイトとの関係が良くないなど人間関係の悪さが歯科助手を辞めたい理由の筆頭に挙がっています。

 

歯科助手を辞めたい人の声

歯科助手を辞めたい理由とは?

30代女性:Tさん

Tさん
今の歯科に勤めて5年になりますが、バイトの子が続かないんです。

歯科医一人・衛生士一人、歯科助手もフルタイムは私だけで後はバイトなんですけれども、入ってきてもすぐ辞めてしまいます。

原因は院長が即戦力を求めすぎるからだと思います。

バイトの子はまったくの初心者の子が多いですが、最初から専門用語で指示を出しますし、分からずにモタモタしていると怒鳴ることもしょっちゅうですので。

入っては辞めていくバイトの子に助手の仕事を教えるのは私しかいませんが、頻繁に変わるため通常の業務の他、バイトへの指導という仕事には終わりがありません。

常に求人広告を出しているせいか、知人にもその職場大丈夫なの?と心配されるくらいです。

年齢的にも転職するなら早い方がいいだろうなと、歯科助手を辞めようかどうか迷っています。

20代女性:Iさん

Iさん
歯科助手をしていた友人からこの仕事を勧められて、まったく知識がないまま募集していた歯科に応募しました。

採用されたことは嬉しかったんですが、覚えることも仕事も多くハードすぎてついていけません。

まだ歯科助手になって3ヶ月も経たないんですけど、毎日辞めたいと思っています。

後から気づいたんですが、友人が勤務しているのは歯科医もスタッフも人数が多い歯科。

私が採用されたのは小さな個人医院です。

環境によって忙しさも変わってくるんだと思います。

歯科助手の先輩も自分の仕事が先決ですし、いちから仕事を教えてもらえる時間がありません。

分からないことが多いのに、患者さんの前では一人前の仕事を求められます。

もちろんミスは許されないですし、素人が助手だと患者さんも不安になることは分かるんですが、ちゃんと

教えてもらえないのに。というストレスが溜まる一方です。

そのうち慣れるとも言われますが、慣れる前に辞めたいとしか考えられなくなりました。

20代女性:Oさん

Oさん
私が歯科助手を辞めたい理由はセクハラです。

歯科助手は医師のサポートについている間、患者さんに触れることも多いですし、距離感も近いです。

患者さんの中には、わざと体に触ってくる方もいて、脚やお尻を撫でられるということもありました。

治療期間の長い患者さんの場合、定期的に来院されますし、その度にまた触られるのかと思うと気分が悪くなります。

そういったことをされる方は多くはないですが、一人・二人というほど少なくもないですね。

院長に相談したこともありましたが、その程度我慢しろ。という態度でした。

その程度で済む問題ではないと思うんですが、患者さんに注意をして来院されなくなったらということの方が重要なのかもしれません。

スタッフ間のトラブルも大変だとは思いますが、患者さんとの問題はこちらが耐えるしかないのかもしれません。

仕事そのものは嫌ではないんですけれども、不快なことを不快と言えない環境が続くことを考えると、辞めたいと思ってしまいますね。

 

仕事の向き不向き、勤務先の環境によってもずいぶん差があるとは思いますが、仕事もストレスも多いということが歯科助手を辞めたい大きな理由になっているようです。

歯科助手は資格が必要なく知識がなくても採用されることが珍しくありませんが、最初から一人前の仕事を求められるため続かないということが多いです。

 

仕事をしっかり教えてくれる環境であるかどうかも職場選びには大切だと思いますが、規模の小さい個人医院の場合教育体制が整っていないことも少なくありません。

 

こんな人は歯科助手に向いていない!

歯科助手を辞めたい理由とは?
  • 潔癖症な人
  • ズボラな人
  • 気配りができない人
  • 人とのコミュニケーションが苦手な人
  • 不満が顔に出やすい人

 

歯科助手の仕事はとても幅広いですが、患者さんと直接接することが多いです。

治療中のサポート業務では患者さんの口の中に触れることもありますので、潔癖症だという人には向いていません。

 

また、医療機器の洗浄や消毒、衛生管理を任されることもあるため、ズボラな人も不向き。

患者さんの中には歯医者が苦手という方も珍しくないですし、治療に来ても口を開けない子どもなどもいます。

こういった場面で患者さんへの気配りができない人や、コミュニケーションが苦手な人も歯科助手には向いていないでしょう。

 

そして、歯科助手は接客業に近い一面もあります。

患者さんや歯科医・他のスタッフと関わる中で不満を感じることもあると思いますが、不平不満が表情や態度に出やすい人も心証が良くないため不向きだと思います。

 

歯科助手を辞める時の退職理由は?

歯科助手を辞めたい理由とは?

その1:他にやりたい仕事がある

歯科助手は資格が必要な職業ではないため、雇用主が採用と判断すれば誰でも就ける仕事ではあります。

 

しかし、実際の仕事はとても専門的です。

向いている方もそうでない方もいるでしょう。

 

歯科助手を辞める場合、退職の理由を尋ねられたら他にやりたい仕事があるということで問題なく通ると思います。

具体的な内容を訊かれる場合を想定して、予めこんな職種という設定はしておいた方がいいかもしれませんね。

 

実際にその職業に就くかどうかは別にしても、歯科助手以上にやりたい仕事が見つかったという理由は無理のある話ではありません。

人手不足から引き止めに合う可能性はありますが、退職までにきちんと必要な期間や手続きを踏んでいれば、辞められないということはないと思います。

 

その2:体調が思わしくない

歯科助手は想像している以上に忙しくハードな仕事です。

ほとんど一日中立ちっぱなしになりますし、中腰の姿勢を保たなくてはならないことも多いです。

風邪を引いたり熱があっても休めなかったり、有給が使えないという現実もありますね。

 

しかし、患者さんと直接接する仕事ですので、あまりにも体調が悪そうな歯科助手を勤務させるわけにもいきません。

過労やストレスから本当に病気を患ってしまう歯科助手も少なくはないので、体調不良を理由に退職を申し出ることは有効だと思います。

 

仕事に支障がある。患者さんや勤務先に迷惑がかかる。ということを強調すれば辞めることはそれほど難しくないと思います。

 

勤務先が自宅からとても近いという方は辞めた後にスタッフとばったり会うこともあるでしょうし、あまり大げさな病名などを退職理由にしない方が無難だとは思いますが、健康上の理由は比較的通りがいいかもしれません。

 

その3:一身上の都合

歯科助手は離職率が高い職業と言われています。

正規雇用よりもパートやバイトでの雇用が増えているのも、採用してもすぐ辞めてしまう歯科助手が多いという理由もあると思われます。

慢性的な人手不足に悩む歯科医院も多いですが、それだけ歯科助手の定着率が良くないということですね。

 

そのため、大抵の歯科医院ではスタッフの退職に慣れている傾向はあります。

歯科助手を辞めるために特別な理由を用意しなくても、一身上の都合だけで退職届は受理されることがほとんどでしょう。

 

いきなり今日で辞めさせてください。という申し出は問題外ですが、事前に退職する旨を伝えて退職届を提出すれば、スムーズに辞めることができると思います。

もし、後任が決まらないからもう少し残って欲しい。と言われた場合でも、転職先が決まっているなどを理由にすれば問題ありません。

 

歯科助手を辞めた人の声

歯科助手を辞めたい理由とは?

20代女性:Wさん

Wさん
先輩からのイジメで歯科助手を辞めました。

医師も衛生士も助手もそれなりに多い歯科医院だったんですが、その分患者さんも多くて同じ予約時間に複数人の患者さんがいらっしゃる環境だったんです。

歯科助手の仕事の前知識がなかったので、あれほど忙しい職業だとも思っていませんでした。

何をしていいのか分からずに右往左往していると「邪魔!」と言われますし、「◯◯やって」と言われても専門用語が分からなかったり。

初日から泣きそうだったんですが、勤務医が「もうちょっとちゃんと教えてあげて」と先輩たちに注意したのがきっかけでイジメが本格化したんです。

女性スタッフの中で人気のある先生だったんですよね。

それから「使えない新人」とか「先生に媚び売ってる」とか、陰口を言われたり、事あるごとに嫌味を言われたり。

結局半年でストレス性の胃炎が悪化してしまい、仕事を辞めることになりました。

転職先も同じだったらどうしようと怖くなってしまいましたが、今は社員同士仲のいい職場で普通の事務をしています。

30代女性:Eさん

Eさん
フルタイムで4年勤務しましたが、先生がとても気分屋で少しでも気に入らないところがあるとスタッフを解雇することが多い職場でした。

私より長く勤務していた衛生士も、いきなり解雇を言い渡されて、理由が分からずに戸惑っていたこともありました。

バイトやパートさんもしょっちゅう変わっていましたので、いつ自分が首切りに遭うかと思うと心配でしたね。

スタッフが定着しないため、仕事が円滑に行えなくなり先生のストレスが私に向き始めたので、歯科助手を辞めることを決めました。

いくつかの派遣を経験してから、現在はまったく別の職業に就いています。

決して歯科助手の仕事が嫌だったわけではないんですけれども、雇用主の人間性や相性は大事だなと感じた経験でした。

40代女性:Uさん

Uさ
既婚で子持ちです。

子どもが小学校に入ったのを機に、歯科助手として働き始めました。

結婚前も同じ仕事をしていたので、慣れもありましたし仕事は好きだったんです。

パート勤務でしたが、人が足りずにフルタイムと変わらない勤務状態でした。

子どもの学校行事や具合が悪くてもなかなか休ませてはもらえず、夫にも「面接のときの条件と違うんじゃない?」とあまりいい顔はされませんでした。

院長にも直談判しましたが、正規の助手が見つかればパート勤務でいいからそれまでは。と言われ続けたんですけれど状況は改善されませんでした。

人伝でしたが、院長が本気で正規雇用の助手を探していないことを知って、都合よくパートのまま正規と同じ勤務をさせられていたんだなと辞めることを決意したんです。

辞めるときにも少々揉めましたが、採用のときと話が違うことは事実でしたので押し切りました。

その後しばらくは専業主婦でしたが、今は別の歯科で平和にパート勤務しています。

 

歯科助手を辞めるきっかけが人間関係だという方は多いです。

患者さんの出入りは激しくても、院内は閉鎖的な環境ですし院長やスタッフと合わずに辞めてしまう方も少なくありません。

 

助手の仕事自体に向いていないという方もいるとは思いますが、辞める原因が仕事内容ではなく人間関係だという場合は、勤務先の歯科医院を変える方法もあると思います。

特別な資格がいらないとはいえ、専門知識が身につく仕事でもありますので、職場を変えることを選択肢のひとつに加えてもいいかもしれませんね。

 

まとめ

歯科助手を辞めたい理由とは?

今回は、歯科助手を辞めたい理由をご紹介しました。

歯科助手経験者の話を聞くと「二度とやりたくない仕事」という人と「歯科助手の仕事は好きだったし楽しかった」という人に分かれました。

専門的なものから雑務まで覚えることも熟すことも多い仕事だけに、向いている方とそうでない方に分かれると思いますし、器用さと丁寧さを重視される職業でもありますね。

 

もちろん慣れもあると思いますが、何より過剰な負担を強いられない職場環境がどうかは重要だと思います。

歯科の数はとても多いですが、スタッフの数は足りていないとも言われています。

 

歯科助手にきちんと仕事を教え育てるだけの余裕がない歯科医院も少なくないため、勤務先選びを誤るとすぐに辞めたくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

採用されたけれど長続きしなかったということを避けるためにも、事前に職場の情報をしっかりリサーチしておくことも大切かもしれません。

 

本気で仕事を辞めたい人だけが見る動画

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*