歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?

歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?

コンビニの数よりも歯科医院の方が多いと言われる時代。

休日や遅い時間・予約なしでも治療してくれる歯科医院が増えていますので、患者にとってはありがたいことですが、歯科医師側から見ると決して嬉しい状況ではないことも多いようです。

 

歯科医師は外科や内科の医師と同様、歯科医師国家試験に合格しなければなりませんが、専門分野が異なるためまったく別の職業と言えるでしょう。

それでも歯科医になることは大変ですし、エリートコースと言われることも多いですね。

 

しかし、そんな歯科医師を辞めたいと思う方は少なくないようです。

そこで今回は、歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3をご紹介していきます!

 

歯科医師を辞めたい理由ベスト3は?

歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?

第3位:給料や休暇などの待遇が不満

歯科医師は高収入と思われている方も多いと思いますが、専門技術が必要な医師と考えると、決して高い報酬を得ているとは言えません。

一般サラリーマンの平均年収よりは多いですが、大まかに計算してもサラリーマンの1.3倍程度です。

 

あくまで勤務医の前提ではあるものの、想像している歯科医師の収入とはずいぶん差があるのではないでしょうか。

実際に勤務医として働く歯科医師が仕事を辞めたいと考える理由のひとつに、給料が安いことや休暇が取れないこと・福利厚生がしっかりしていないなど、待遇への不満は少なくありません。

 

冒頭にも書いた通り、コンビニよりも歯科医院の方が多いという実態があることも関係しているのか歯科医院は飽和状態ともいえます。

そのため、給料・休暇・労働時間などが見合わないという歯科医師も多いですね。

 

歯科医師そのものを辞めたいというよりも現在の職場を辞めたいという方がほとんどだと思います。

 

第2位:仕事にやりがいを感じられない

歯科医師も総合病院や大学病院の歯科に勤務する場合もあれば、個人医院の勤務医として働く場合、自分で開業する場合に分かれます。

歯科医師の数は歯科医院開業している歯科医師が最も多く、次いで個人医院の勤務医、大学や総合病院勤務となります。

 

歯科医師の場合国家資格を取得すれば、すぐにでも開業できるものの、実際には勤務医として実績を積みスキルアップを図ることがほとんど。

若い歯科医師ほど理想と現実の差を感じて、歯科医師を辞めたいと思うことが多いようです。

 

経営者の方針もあるとは思いますが、助手としての仕事や雑務が多く、一人前の歯科医師としての仕事を任せてもらえない。

先輩歯科医師からの指導がなく、スキルをあげる機会がない。

技術を学びたくても学べない。

 

こういった、前向きなやる気を削がれてしまうことで、仕事にやりがいを感じられず歯科医師を辞めたいと思う方もいらっしゃいますね。

 

第1位:人間関係が良くない

勤務医でも開業医でも共通した悩みだと思いますが、職場の人間関係が良くないということが歯科医師を辞めたい理由の1位。

勤務医の場合は、院長との考え方が合わず、治療方針についていけない。

先輩歯科医師や、歯科衛生士・歯科助手とのコミュニケーションがうまく取れない。

 

人間関係がうまく行かず、仕事にも支障が出る。といった悩みが多いようです。

 

一方、開業医の場合は、スタッフを採用してもすぐに辞めてしまう。

スタッフ間の関係が良好でなく、小さなトラブルが耐えないといったことが中心。

 

他に歯科医師を雇わない開業医であっても、歯科衛生士や歯科助手は複数人採用しますし、大きくない歯科医院の勤務医でもある程度の人数のスタッフの一員ということがほとんどでしょう。

 

一緒に仕事をする人数が増えれば、当然ウマの合う人・合わない人は出てきますが、仕事に影響があるようでは問題です。

人間関係がギスギスしていてストレスがたまる。

円滑な業務が行えないということが、歯科医師を辞めたいと考える一番の理由のようです。

 

歯科医師を辞めたい人の声

歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?

30代男性:Iさん

Iさん
勤務医として現在の歯科医院に勤めて5年目ですが、院長が変わってから環境が一変しました。

先代の院長はとても面倒見がよく、スタッフの誰からも信頼されている方でしたが、一線を退かれて大学の勤務医をしていたという息子が院長なってからはダメですね。

最新鋭の機材を揃えて高度な治療を要求されますし、患者さんにも保険適応外の治療を勧めます。

物言いも高圧的なので、歯科助手や衛生士はすでに何人も辞めていきました。

前院長の頃とは比べ物にならないくらい患者数も減りましたが、その原因を自分の経営の仕方だとは思っていない様子です。

患者数が減ることやスタッフが辞めていってしまうことも、私たちに非があると八つ当たりされますし、信頼しろという方が難しいですね。

同僚のとも、前院長には恩があるけれどもそろそろ潮時だろうという話はしています。

歯科医師そのものを辞めるつもりはありませんが、思い切って開業するか転職するかで悩んでいます。

20代女性:Yさん

Yさん
女性歯科医も珍しくはなくなっていると思うのですが、任される仕事が受付や助手といった歯科助手の範疇に収まるものが多く、医師として治療にあたることが少ないのが不本意です。

勤務先は歯科医師の人数もそれなりに多いですし、辞める方は多くありません。

ですが、歯科助手は入ってきてもすぐに辞めてしまうことが少なくなく、慢性的な人手不足です。

そのため、衛生士や私が助手の役割を果たすことも珍しくありません。

歯科助手が続かないのは院長をはじめ、医師のパワハラともいえる扱いの雑さなんですが、そういったことに気にする人はいません。

私が一番の新人ということもありますけれど、性別を理由にされることもあります。

医師も歯科医師もまだまだ男性社会という風潮は残っているようですが、女性歯科医師が活躍している医院もありますし、もう少し働きやすい歯科医院への転職を考えています。

30代男性:Eさん

Eさん
土日祝関係なしの勤務に限界がきて、歯科医師を辞めようと考えています。

駅ビルに併設されたクリニックなんですが、年末年始以外は休みませんし、診療時間も長いです。

土日にしか休みが取れない患者さんや、仕事の帰りに来院される患者さんにとっては通いやすいのかもしれません。

ですが、勤務する立場からすると勤務時間が長く休みが取れないという悩みがあります。

曜日ごとに担当の医師が決まっていましたが、一人が辞めてしまったので、その穴を埋めるために出勤日が増えてしまいました。

同僚の医師たちも自分同様かなり疲労が溜まっていますし、オーバーワークからのミスが怖いですね。

小さい子どもがいますが、帰宅も遅く土日も仕事、休みも取れないので遊ぶ暇もありません。

別の職業への転職は考えていませんが、条件のいい歯科医院が見つかれば現在の職場は辞めたいです。

ただ、自分が辞めるとなると、また他の医師へのしわ寄せが行くことを考えてしまいますね。

 

歯科医師そのものを辞めたいと考える方よりも、現在の歯科医院を辞めたいという方が圧倒的に多いようです。

歯科医師という職業そののではなく、職場の環境や仕事内容に対する不満から、転職を考えている方は少なくないですね。

勤務医の場合は、院長や先輩歯科医師と合わないということがほとんどではないでしょうか。

 

採用時の条件と実際の勤務内容が異なるということも、勤務している歯科医院を辞めたい、転職したいと考える理由のようです。

 

こんな人は歯科医師に向いていない!

歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?
  • 集中力がない人
  • 細かい作業が得意ではない人
  • 患者の目線でものを考えられない人
  • 人と接することが苦手な人
  • 向上心のない人

歯科医師は人の狭い口腔内で繊細な作業を要求される職業です。

大人でも歯医者が苦手という方は多いですし、子どもの場合はなおさらですね。

 

できるだけ素早く確実な治療を行うには、高い集中力を求められますし、ついうっかりが大きなミスに繋がります。
集中力がなく、不器用な人には不向き。

 

また、治療を怖がる患者や、不安を抱える患者の気持ちに寄り添えない人、人と接することや人が好きではないという人も歯科医師向きではありませんね。

医療の進化は日進月歩。歯科も例外ではありません。

 

新たな治療法やスキルアップに興味がないという向上心が足りない人も不向きかもしれません。

 

歯科医師を辞める時の退職理由は?

歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?

その1:開業する

歯科医師は、ある程度の経験を積むと開業することがほとんどです。

開業医が勤務医の約倍というデータからも、開業や独立することは一般的。

大まかに勤務医として5~10年ほどの経験を積むと開業するというケースが多いようですね。

 

歯科医師そのものを辞めたいのではなく、勤務先を辞めたいと考えるのであれば開業する機会と考えるのもいいかもしれません。

もちろん実績が不十分であったり勤務医として経験不足という場合は困難ですが、今まで勤務医としてしっかり経験を積んできた方ならば、開業するという退職理由は決して通りにくいものではないでしょう。

 

ただ、開業にはそれ相応の資金も必要になりますし準備期間も必要です。

今すぐ現在の勤務先を辞めたいから開業する。というのは少々ムリがありますね。

 

余裕を持って開業する旨を伝えておき、開業準備期間は職場内に波風を立てないことも大切。

思い切って開業という道を選ぶのであれば、しばらくガマンを強いられても円満退職する方法を選ぶのが一番だと思います。

 

その2:スキルアップするため

歯科医院によっては行っている治療内容が異なります。

高度な治療や先進医療を取り入れていない歯科医院に勤めているのであれば、歯科医師としてのスキルアップを退職の理由にすることも可能だと思います。

審美歯科やインプラント、小児歯科や歯科矯正を専門にしたいという歯科医師も少なくありませんが、どこの歯科医院でも必ず行っている治療ではありません。

 

こういった技術を専門的に学びたいと考える場合、実際に治療を行っている歯科医院への転職は有効な手段です。

「◯◯について専門的に学びたい」ということは、退職理由としては前向きなものですね。

 

こちらも退職までの期間に余裕を持っておけば、人手不足を理由に辞められないということはないと思いますし、最後に不快な思いをしなくても済むかもしれません。

 

その3:出産や子育て

女性歯科医師も多くなってきましたし、スタッフ全員が女性という歯科医院もあるくらいです。

結婚や妊娠、出産・子育ては男性とは比べ物にならないくらい、女性にとっては重要な事柄。

出産や子育ては引き止めようがない退職理由ですね。

 

妊娠が判明した時点で出産・育児のために退職すると申し出ておけば、勤務先も快諾せざるを得ないでしょう。

医師側も勤務先側も、できれば◯ヶ月目くらいまでは勤務したい・勤務してもらいたいという希望はあると思いますが、胎児の状態によっては予定よりも前に退職しなければならないこともあるかもしれません。

 

ムリな勤務をさせて万が一の事があった場合の責任を考えれば、妊婦に激務を強いることはできないと思います。

どんな仕事でも共通だとは思いますが、円満に退職しやすい理由になるでしょう。

 

実際に歯科医師を辞めた人の声

歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?

30代男性:Oさん

Oさん
実家の歯科を継ぐために勤務していた歯科医院を辞めました。

歯科医師免許を取ってすぐに実家に勤務する方法もあったのですが、まだまだ父が現役ですので当分は甘えの効かない別のクリニックに勤務してこい。という方針ですね。

実家が開業医だとよくある話だとは思いますが。

勤務医時代は新しい技術を学ぶこともできましたし、スキルも身についたとは思います。

しかし、縁故採用ということは周知の事実だったので、入ったばかりの頃は先輩医師から嫌味を言われることも少なくありませんでした。

容赦なくこき使われることも多かったですし。

正直なところ何度も辞めたいとは思いましたが、今思えば最初から実家に勤務していたらワンマンになる可能性もあったでしょうし、衛生士や歯科助手を含め人を雇う側に立ったときの勉強をさせてもらったと思います。

勤務していた歯科医院とは比べればずっと規模は小さくなりましたが、患者さんや勤務してくれるスタッフに優しい歯科医でありたいと思いますね。

30代女性:Mさん

Mさん
結婚を機に主人の実家に引っ越したため、歯科医師を辞めました。

私も主人も進学とともに上京してそのまま就職しましたが、郷里に戻ることになったためにお互い仕事を辞めました。

ちょうど私の勤務先で、歯科医師だけではなく衛生士や歯科助手が退職することが重なってしまったため、もう少し先延ばしにできないかと引き止められました。

しかし、そうは言われても私だけが転居するわけではありませんし、主人の実家に入るという事情も汲んでほしかったのですが、引き止めはしつこかったですね。

長くお世話になった歯科医院でしたが、最後は少々後味が悪かったです。

大きく環境も変わりましたし、今の生活に慣れることと早めに子どもが欲しいと思っているので、歯科医師として復帰するのはまだ先と考えています。

20代男性:Aさん

Aさん
歯科医師も即戦力になる経験者が優遇される傾向があるようで、なかなか勤務先が決まらずに焦っていたことも原因だったと思います。

ようやく採用された歯科医院がいわゆるブラック歯科でした。

面接時の条件とは給料も休みも違いましたし、院長のパワハラがひどかったです。

入ってすぐに長く勤めている衛生士さんから「ここはみんなすぐ辞めちゃうからいつでも求人が出てるの。簡単に採用されたでしょ」と言われて納得でしたね。

歯科医師は院長の僕の二人だけでしたが、患者さんの前でも平気で怒鳴りますし、癇癪を起こすこともしばしば。

歯科助手の女の子が泣いているなんてこともしょっちゅうでした。

そういうこともあって、僕が勤務している間にも助手は何人も変わりました。

冠婚葬祭でも休みは取れず、体調崩せば自己管理ができていないからだと怒られる始末。

あまりの横暴ぶりに辞めることを決意しましたが、辞めるなら違約金を払え。と言われて労働基準局に行きます。と返したところあっさり辞めることができました。

また歯科医師として働くことは希望していますが、今度は焦らずにちゃんとした職場を見つけようと思っています。

 

円満に退職できることが一番ですが、経営者も人手が足りなくなることは大きな痛手ですし、状況によっては引き止めに合うこともあるようです。

一般的には退職の一ヶ月前に退職届を出せばいいことになっていますが、後任が決まらない・手が足りないとズルズル先延ばしにされる例も少なくはありません。

 

きちんと退職の手順を踏んでいるのなら、引き止めに流される必要はないので「申し訳ありませんが辞めさせていただきます」と押し通すことも重要でしょう。

 

まとめ

歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3は?

今回は、歯科医師を辞めたい時の理由ベスト3をご紹介しました。

一般の職業と比べると、歯科医師の離職率はとても低いです。

医師同様に歯科医師も6年という長い期間をかけて専門的に学び、国家資格を取得しなければなりませんから、そうそう簡単に歯科医師を辞めるという選択には至らないといえます。

 

しかし、勤務先の歯科医院を辞めたい。転職したいということとは別です。

よりよい環境で働きたいと考える歯科医師は多いですし、職場環境がよくなければ転職を考えるのは普通のことだとも思います。

 

どんな職業でもそうですが、ひとつの勤務先が長続きしなければ採用されにくいですし、前の職場を辞めた理由なども転職を左右するはず。

条件のいい職場に採用されるためにも、転職回数は少ない方が有利ですしイメージも良くなります。

 

限界はありますが、職場が合わないと感じても即辞めるのではなく、ある程度腰を据えて勤務することも大切かもしれませんね。

 

本気で仕事を辞めたい人だけが見る動画

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*