臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?

臨床検査技師は医師から指示のあった検査を実際に行い、検査データを医師に送る職業です。

主に、血液や尿・便・痰といった検体から、患者さんの健康状態をデータ化する役割を持っています。

 

また、心電図や脳波・超音波検査などを行う場合もあります。

臨床検査技師は、臨床検査技師専門学校や短期大学で3年間学ぶか、4年制大学の臨床検査技師養成課程を履修した後、臨床検査技師国家試験に合格する必要がある専門職。

資格取得も決して容易ではありませんし、長く続けられる職業と言えますが、臨床検査技師を辞めたいと考える方は少なくないようです。

 

そこで今回は、臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3をご紹介していきます。

 

臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?

臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?

第3位:臨床検査技師に向いていない

臨床検査技師は技術職であるため、個々の能力に差が出やすい一面はあります。

 

また、経験の浅い検査技師とベテランの検査技師では、技術の差を実感することも多いでしょう。

患者さんから採取した検体を詳細に調べる緻密さや観察眼。

 

直接患者さんと接する検査の場合、検査機器の当て方ひとつで検査結果に差が出てしまうということもあります。

元々の性格や適性に左右されやすい部分はありますし、経験値がものをいう職業でもありますが、学生時代の成績が悪くなかったのに現場に入ったら仕事ができないということもあるようです。

 

臨床検査技師は患者さんのデータを正確に取ることを求められる職業ですが、機械を相手にしているわけではありませんし、患者さんは生身の人間です。

データを取る・データを読むだけではなく人と接することやミスが許されない仕事であることから、技術不足や自分には向いていないことなどを理由に、臨床検査技師を辞めたいと思う方もいるようです。

 

第2位:残業が多く仕事がハード

臨床検査技師の勤務先の多くは総合病院や大学病院。

個人医院やクリニックなどから検体の検査を依頼される検査機関が主です。

規模の小さい個人医院やクリニックでも臨床検査技師を採用していることはありますし、勤務先が大きくない場合には残業がない・仕事量もそれほど多くないということはあるものの、総合病医院などに勤務する臨床検査技師の仕事はハードです。

 

労働基準法が定める一ヶ月の残業時間を大幅に上回るケースも少なくはなく、救命救急を行う病院などでは24時間体制で検査を行う必要がありますので、臨床検査技師も夜勤があることもあります。

医師のように休日に急な呼び出しなどはないものの、勤務時間が長く休みは臨床検査技師同士で調整し合うということが多いため、仕事がハードすぎて臨床検査技師を辞めたいという方もたくさんいますね。

 

第1位:人間関係の悩み

どんな職業でも同じだとは思いますが、職場内の人間関係に悩み、臨床検査技師をやめたいと考える方は珍しくありません。

患者さんの健康や命にかかわる検査やデータを扱う仕事ですので、ミスができないという緊張感が必要なことはもちろんですが、同僚や先輩から技術や能力を否定されたり職場内で孤立してしまうといったケースも。

 

また、上司からのパワハラに悩む臨床検査技師も少なくはないですね。

医療現場ですしストレスが多い職業といえますので、和気あいあいとした職場環境を求めるのも難しいですが、人間関係のトラブルやコミュニケーションがうまく取れないといったことから仕事を辞めたいという方は多いです。

残業が多く体力的にきつい仕事に加えて、職場の人間関係が悪いという精神的に辛い状態が続き、臨床検査技師を辞めたいという方もいます。

 

臨床検査技師を辞めたい人の声

臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?

20代女性:Rさん

Rさん
新米の臨床検査技師ですが、すでに心が折れています。

就職したのは中規模の総合病院ですが、臨床検査技師は9割が女性でした。

女性が多い環境特有でもあるんでしょうけれども、かなりきつい言い方で指導や注意をされることがしばしばです。

失敗やミスができないということは分かっていますが、怒鳴られるようなことが続くと緊張してしまい、できるはずのことができないということもあります。

私が打たれ弱いということもあると思いますが、この環境で仕事を続けていくのはストレスばかりが多くて病んでしまいそうです。

一人でもフォローしてくれる方がいれば救われるのですが、先輩方はグループ化していますし、私の居場所はない状態です。

大学に通いようやく取得した資格ですので、もったいないとも思いますが今の職場で働き続ける自信はないですし、臨床検査技師を辞めるべきか悩んでいます。

30代男性:Tさん

Tさん
救急病院の臨床検査技師をしています。

急患や重篤な患者さんが搬送されてくることも多いため、夜勤があります。

臨床検査技師は男性よりも女性の方が多いですが、私の職場でも同じことが言えますし、夜勤を嫌がる女性臨床検査技師も多いですね。

ベテランの世代になってくると、家庭のことがあるから・子どものことがあるからと夜勤や残業を拒否する臨床検査技師もいます。

休みや勤務の調整は職場内で行いますが、夜勤の割合が多く疲れが抜けません。

日勤も忙しいですが、夜勤の人数は少ないですし夜間でも患者さんが多いことはありますので。

休日出勤を頼まれることもありますし、体力的に厳しくなってきました。

臨床検査技師そのものを辞めようとは思いませんが、夜勤のない職場への転職を真剣に考えています。

30代女性:Eさん

Eさん
現在の職場に5年ほど勤務しています。

今までは特に仕事を辞めたいと思ったことはなかったのですが、昨年結婚してから仕事がきつくなってきました。

まだ子どもがいるわけではないものの、家事と仕事の両立に慣れませんし、残業が多いことも夫との喧嘩の原因になっています。

夫は医療関係者ではないため、臨床検査技師や医療現場の実情を理解し難いということもあるのでしょうが、夫よりも遅く帰宅することも多く家事が熟せないことが不満なようです。

固定休みでないことや早出・残業は独身の頃から変わっていませんが、一緒に生活してみると生活サイクルの違いという問題点が出てきました。

子どもも早めに欲しいと思っていますし、家庭と仕事とどちらに重きをおくのかを考えると、臨床検査技師を辞めるという選択しかないのかとも考えています。

 

長時間労働や夜勤といった悩みは医療従事者には多いかもしれません。

仕事のハードさに加え、人間関係もうまくいかないとなると、臨床検査技師を辞めたいと思ってしまうことはあると思います。

 

臨床検査技師の職場は病院や検査機関などに限定されてしまうため、より良い職場環境を求めても転職が難しいということもあるようです。

仕事に行き詰まってしまい、せっかく取得した国家資格を活かせていないという方がいることも事実です。

 

こんな人は臨床検査技師に向いていない!

臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?
  • 向上心のない人
  • 手先が器用ではない人
  • 大雑把な人
  • コミュニケーション能力が低い人
  • 健康状態に不安のある人

 

医療現場は日進月歩ですし、検査機器も進化を続けています。

勉強会などへの参加もひつようになることもありますし、新しい技術を学ぼうという向上心に欠ける人は臨床検査技師には不向きです。

 

また、臨床検査技師は患者さんから採取した検体を分析してデータ化することや、実際に検査を行う仕事です。

正確性や緻密さが求められるため、手先が器用ではない人や大雑把な性格の人は向いていないと言えるでしょう。

 

同僚や先輩後輩との人間関係も大切ですが、患者さんと直接接することもありますので、コミュニケーション能力の低い人も不向き。

何より勤務時間が長く忙しいということを考えても、健康状態に不安や問題のある人は臨床検査技師には向いていません。

 

臨床検査技師を辞める時の退職理由は?

臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?

その1:スキルアップのため

臨床検査技師は大きく分けて、患者さんから採取した検体を検査する検体検査と、患者さんの脳波や心電などを直接検査する生体検査があります。

どちらも臨床検査技師の資格を取得していれば行えるものですが、スキルアップとして超音波検査師や細胞検査士、製薬会社や医療機器メーカーの治験に携わる治験コーディネーターといった認定試験に合格することでスキルアップが可能です。

 

現在の職場を辞めたいと考える時、勤務先がスキルアップに協力的でないのであれば、スキルアップのために退職したいということも理由になるでしょう。

サポート体制の整っていない職場へ勤務し続けても、スキルアップは叶いません。

 

実際に認定試験を受けたいのか、退職の理由としてだけなのかは別としても、臨床検査技師として前向きな理由になりますので通りはいいでしょう。

辞められるまでの期間には差があるでしょうが、退職を拒否できない理由だと思います。

 

その2:別に就きたい職業がある

臨床検査技師ではなく、まったく異なる職業に就きたいという方もいると思います。

国家資格を眠らせてしまうのはもったいないことではありますが、臨床検査技師としての仕事に限界を感じたなら、別の職業に就くという選択もあるでしょう。

 

臨床検査技師を辞めて就きたい仕事があるということも、退職の理由になると思います。

どんな仕事でも構わないと思いますが、やりたい仕事への熱意を伝えると退職しやすいかもしれません。

 

人手不足などから退職時の引き止めがある場合も少なくありませんが、退職までの期間に余裕を持って退職届を出すことや次の仕事が決まっていることなどを予め伝えておくことでスムーズにはなると思います。

臨床検査技師をやめて別職に就いているという方も珍しくはないので、退職理由とはしては十分ではないでしょうか。

 

その3:体調不良

勤務先にもよりますが、早出や残業が多く休みが取りにくいという傾向はあります。

仕事の性質上神経を使いますし、ストレスが多いということも言えるでしょう。

体力的にも精神的にも仕事を続けるには厳しく、臨床検査技師を辞める方もいます。

 

ミスが許されない医療現場ですから、体調不良や健康状態が思わしくないということも退職理由にしやすいです。

健康上の問題を理由にする場合、医師の診断書の提出などを求められることも考えられますが、本来退職に診断書は必要ありません。

 

しかし、診断書があった方が引き止めに合いにくいということは言えますね。

退職の1ヶ月前までには退職届を出すと決められていることも多いと思いますが、その期間を守っているのにもかかわらず、辞められない・辞めさせないというのは職場に問題があります。

退職トラブルにならないためにも、診断書が用意できるようであれば、用意しておいて損はないかもしれません。

 

臨床検査技師を辞めた人の声

臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?

40代男性:Wさん

Wさん
激務から体調を崩し、臨床検査技師を辞めました。

現役時代に認定試験を受けていたので、現在は製薬会社の治験コーディネーターをしています。

以前はとにかく残業が多く、朝早くに出勤して帰宅は深夜近くでしたので、子どもと接する時間が取れないことも悩みでした。

現在も忙しくないわけではないですし、治験に参加している方や医師とのコミュニケーション能力は問われます。

しかし、特に残業が多いということはなく、休みもきちんと取れます。

今の職場では有給休暇も取りやすいので、子どもの長期休みに合わせて遊びに連れて行くこともできるようになりました。

会社によって状況は異なるでしょうし、臨床検査技師を辞めることには勇気もいりましたが、私は現在の会社に転職して良かったと思っています。

20代女性:Oさん

Oさん
臨床検査技師になって1年足らずで退職しました。

理由は上司からのパワハラです。

ベテランの多い職場だったので、先輩たちも厳しかったですがいじめのようなものはありませんでした。

ただ、上司に当たる主任からは執拗に嫌味を言われたり、人格を否定するようなことを言われることも多かったです。

技術が不足していることや仕事上の問題点を叱られるのは納得できますが、それ以外の部分をネチネチと責められ続けるのが耐えられませんでした。

先輩方も主任に難があることは分かっていたようですが、上手くスルーする方法を身に着けていましたし、仕事ができるので文句のつけようがなかったんだと思います。

精神的も不安定になってしまい、限界を感じて臨床検査技師を辞めました。

現在はアパレル関係の仕事に就いていますが、資格をムダにしてしまったことに後悔はありません。

30代女性:Yさん

Yさん
転居に伴い臨床検査技師を退職しました。

出産したときにも休職して職場復帰しましたが、主人が転勤になってしまったため仕事を辞めることになりました。

どこの職場も人数に余裕はないと思いますし、一人が辞めると他の臨床検査技師に負担がかかってしまうということは分かりますが、転居という理由なのにもかかわらず引き止めに合ったことは閉口しました。

産休を取った時とは責任者が変わっているので対応に差があったのですが、退職したときの責任者だったら産休も引き止められたのでは?と思ってしまいます。

同僚は長く一緒に働いてきましたし、概ね円満な関係を築いてきただけに後味の悪い退職でした。

転居してからは環境に適応することが先決でしたし、子どももお友だちなどが変わってしまったので慣れるまでは。と現在は専業主婦です。

臨床検査技師として再就職することも考えますが、主人がまた数年で転勤する可能性があるため、パートという方法しかないかもしれません。

 

臨床検査技師の仕事に限界を感じて辞めた方もいれば、環境の変化で辞めざるを得なかった方もいます。

臨床検査技師の資格を活かして転職する方も、まったく違う職業に就く方もいますね。

一度職を離れても、国家資格を有していることは変わりありませんし、再び臨床検査技師として働くことは可能です。

 

しかし、様々な職業でパートや派遣という形態が増えている中、臨床検査技師は常勤がほとんどいう現実もあります。

ライフスタイルによって働き方を選びにくいといった難点はあるのかもしれません。

 

まとめ

臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3は?

今回は、臨床検査技師を辞めたい理由ベスト3をご紹介しました。

臨床検査技師は医師や看護師とは異なり、医療現場でも裏方というイメージのある職業です。

 

ですが、臨床検査技師がいなければ医療が成り立たない重要な役割を担っています。

職場環境によって働きやすさは大きく変わってきますが、想像以上に忙しく勤務時間が長い仕事であることは確かでしょう。

緻密さや正確さを重視される職業でもありますし、気を抜けないストレスもあるかもしれません。

 

向き不向きがはっきり分かれてしまう職業ですので、天職と感じる方も向いていないと思う方もいると思います。

臨床検査技師の資格持っていても別の職業に就く方もいますが、もし資格を活かしたいと思うのであればスキルアップしてから転職するという方法もあるのではないでしょうか。

 

本気で仕事を辞めたい人だけが見る動画

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*