薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?

薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?

薬剤師というと薬局にいるアドバイザーや、病院で薬を出してくれる人というイメージが強いですね。

それほど難しい仕事ではないように思われているのかもしれませんが、実は薬学部や薬科大で6年学んだ後、国家試験に合格しなければならない狭き門。

 

合格率は決して低くないものの、6年課程の時点で学ぶことが多いことは確か。

薬剤師になるには長い期間がかかることになりますし、資格は一生もの。

 

しかし、それでも薬剤師を辞めたいと思う方は少なくないようです。

そこで今回は、薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由についてお伝えしていきます。

 

薬剤師を辞めたい理由ベスト3は?

薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?

第3位:職場の環境が合わない

薬剤師の職場にはいくつかの種類があって、主に「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院勤務」「製薬会社」のどれかに就職する形になります。

割合としては、調剤薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師が多いのではないでしょうか。

院内処方の病院が少なくなっているため、院外の調剤薬局勤務という方が多いと思います。

 

どんな職場でも同じだとは思いますが、自分が希望していたり描いていた理想と職場の雰囲気や業務内容が合わないということが、薬剤師を辞めたいと思う理由のひとつでしょう。

こんな薬剤師になりたい。こんな仕事がしたい。という希望は誰にでもあると思います。

 

資格があればこそですが、薬剤師として携われる仕事の範囲が把握できている分、やりたい仕事ができないというのはかなりのストレス。

希望した仕事ができない職場環境は、辞めたいと考えてしまう大きな原因ですね。

 

第2位:とにかく忙しすぎる

医療に関わる職業の方は毎日がとても忙しいといいますね。

薬剤師も相当な仕事の量をこなしている方が多いはず。

 

処方箋通りに薬を処方することが主な業務ですが、薬の種類や成分や飲み合わせや服用時の注意点なども把握して患者さんに説明しなければならないのが薬剤師。

医師や看護師以上に薬に詳しいことがほとんどです。

 

膨大な薬の中からピックアップすることも大変ですが、そのひとつひとつを患者さんに確認しながら説明するのは大変な作業。

もし、少しでも処方内容が変わっていたりすれば、細かくチェックして患者さんに体調の変化などを訊くことも多いですね。

 

こういった細やかな心配りと同時に多くの事務処理を行わなければならないこと。

また、残業が多く休みが取りにくいといった多忙さが、薬剤師を辞めたい理由になることもあります。

 

第1位:患者とのコミュニケーションが取れない

院外処方でも院内処方でも、また病棟処方の薬剤師でも患者さんと向き合って薬の服用の仕方や注意点を説明するのは同じですね。

実際に目にすることが多いのは、薬の効き目や飲み方について薬剤師にクレームを付けている患者さんです。

 

薬が効かないことや別の薬を希望されることもありますし、薬代が高いことや処方の待ち時間が長いと恫喝している患者さんもよく見かけます。

薬の処方はあくまで医師の判断ですし、薬の金額は薬剤師が決められるものではありません。

 

そして、多くの患者さんが集中してしまう時間帯などは、処方までに長い時間がかかることもあるでしょう。

こういった薬剤師の判断ではどうにもならないクレームをつけられてしまう。

 

きちんと薬の説明をして理解してほしいのに上手くコミュニケーションが取れない・・・患者さんとの関係に悩んで薬剤師を辞めたいと思う方も多いのでしょう。

 

薬剤師を辞めたい人の声

薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?

20代女性:Iさん

Iさん
総合病院の間近にある調剤薬局に勤めています。

病院の周りには多くの薬局が点在しているので、患者さんの取り合いという面はありますね。

そのため、できる限り早く確実に感じよく。ということが鉄則になります。

もちろん仕事の性質上、内容でのサービスは不可能ですからその分親切で丁寧ということが求められてきますね。

患者さんに対してはどんなことを言われてもにこやかに対応しなくてはならない分、スタッフルームの殺伐とした雰囲気は息がつまります。

職場では私が一番の新人になるため、雑用を回されてしまうことも少なくはないですし先輩たちからの圧もストレスですね。

少しでも仕事の効率が悪いとお小言が凄いですし、それでも患者さんの前ではにこやかでいなければならないですし。

薬剤師はサービス業だっただろうか?と悩むことが多くなりました。

30代女性:Oさん

Oさん
子どもが保育園に上がったのを機に、薬剤師として復帰しました。

以前は調剤薬局勤務でしたが、子どもを優先しなければならないこともあると言った時点で、再就職先はかなり限られてしまいました。

現在はドラッグストアの薬剤師としてシフト勤務していますが、正直なところ薬剤師ではなく店員と同じです。

高校生のアルバイトも採用しているドラッグストアですし、ごく普通のパートさんも多いです。

薬剤師が常駐していなければ販売できない種類の市販薬もあるため、薬剤師が必要というだけで仕事の内容はバイトやパートと変わりありません。

出産前は薬剤師として充実していたため、現実の落差に辞めたくなります。

やりたい仕事ではないというのがとても大きいですね。

とはいえ、以前のような仕事中心の生活はムリですし、子どもが小さいうちはフルタイムでの復帰は難しいのかもしれません。

50代男性:Tさん

Tさん
薬剤師としてはベテランの年齢ですが、新薬やジェネリックの数が多くなったことで薬の把握が難しくなってきました。

昔からの薬はそのまま使われていることが多いので、種類は年々増える一方です。

また一日の服薬量が変わることもあるのですが、そういったことを覚え直すことはもちろん患者さんに説明するのも一苦労ですね。

きちんと患者さんに薬の説明をしてくれる医師もいますが、意外と「◯◯と◯◯と◯◯を出しておきます」と言うだけの先生も多いです。

患者さんは何の薬を処方されたかもよく理解できていないことが少なくないですし、そういった説明はすべて薬剤師の仕事になりますね。

しかし、私たちも覚えきれないというのが本音ですし、ここ最近限界にきているのかもしれません。

処方ミスは許されないことですし、万が一を考えると早めに辞めた方がいいのかと思うようになりました。

 

薬剤師は想像以上に忙しい仕事で、膨大な専門知識を求められ、薬の処方間違いにはとても気を使うようですね。

また、服用の注意点を守っていただかないと副作用が出ることもあるので、そういったことを患者さんに理解してもらわなければならないのですが、上手く伝わらないことも多いようです。

 

社内や院内だけではなく、患者さんとの意思疎通が上手くはかれずにストレスを感じて辞めたいと思ってしまう薬剤師はとても多いでしょう。

 

こんな人は薬剤師に向いていない!

薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?
  • 人と接することが苦手な人
  • いいかげんな人
  • 反射能力の鈍い人
  • 探究心が低い人
  • 楽をしたい人

 

薬剤師は患者さんと医療現場のつなぐ窓口です。

治療のために服用する薬の説明を、患者さん目線で行う役割を担っていますね。

 

患者さんによっては処方された薬に納得がいかないという方もいるでしょうし、どんなに説明をしても服用の仕方や服用量を理解してもらえないということもあります。

根気よく患者さんに薬の効能や服用の仕方を説かなければならないため人と接することが苦手な人は薬剤師には向いていませんし、いいかげんな説明で済ませてしまおうという人も不向き。

 

また、病院や医師との連携が大切なため、少しでも処方に疑問点があった場合はすぐに医師に確認する必要もあります。

そういった意味でフットワークの軽さや、薬に対する探究心を求められます。

 

そして何よりとても忙しく仕事量の多い職業ですので、楽な仕事がしたいという人は薬剤師には向いていませんね。

 

薬剤師を辞める時の退職理由は?

薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?

その1:家庭の事情

一身上の都合で済めばいいのですが、なかなかそうはいかないのが現実ですね。

薬剤師自体を辞めるのか、その職場を辞めるのかは人それぞれだと思いますが、円満退職するなら根掘り葉掘りされにくい「家庭の事情」がおすすめでしょう。

「家族に介護や看護が必要になってしまった」という理由は万能です。

 

同居の家族でなくとも、身近な親類などに人の手が必要な人がいる。と言われたら退職を止めることは難しいと思います。

家族の内情まで把握している職場は少ないでしょうから、辞めたい理由を訊かれたら「家族の介護が必要になってしまって」という理由で問題ないでしょう。

特に、薬剤師は女性の多い職種なので、介護や看護は円満に辞めることのできる理由になると思います。

 

その2:身体的な事情

実際に仕事が忙しすぎて体調や心のバランスを崩してしまう方は少なくないと思います。

有給休暇はあっても使えないことが多かったり、日常的に残業することが当たり前だったり。

通常の仕事もキツいですが、ストレスという大きな理由もありますね。

 

そういったことが原因で心身ともに疲弊してしまって、体調を崩してしまうことは珍しくありません。

薬剤師はたとえ不本意でも患者さんへの対応に問題があってはならないこと。

 

体調や心の健康を理由に仕事上差し支えがでてしまうという理由があれば退職を止められることはないでしょう。

特に、患者さんへの当たりがキツくなってしまったり説明がきちんとできないなど、薬剤師としてもっとも重要な部分を上乗せすれば、十分辞める理由になると思います。

 

その3:引っ越し・転居

物理的に勤務できないから仕事を辞めるという場合は止めようがありませんね。

仕事を辞めたいがために引っ越しをするのであれば、かなり切羽詰まっている状態ですが、たまたま家族の引っ越しや転居と重なっていれば問題なく辞めることができるでしょう。

通勤圏内ではないというのが最低条件にはなりますね。

 

引っ越しを理由に辞める場合、引っ越しを退職理由にしたけれど実際は引っ越していないというのは問題です。

生活圏がかぶっている同僚がいた場合、辞めた後も遭遇確率が高いということも考えられます。

 

辞めてしまった後なら元同僚にどう思われても構わないというのであれば構わないのかもしれませんが、印象が悪いことは確かです。

本当に引っ越しをしないのであれば、最終手段にしたい退職理由だと思います。

 

薬剤師を辞めた人の声

薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?

20代女性:Sさん

Sさん
小さな医院の薬剤師として就職したんですが、同僚と合わずに辞めました。

調剤薬局なんかは休みもシフトになりますし、仕事もハードなのは分かっていたので、扱っている薬も少なくて休日が決まっている医院勤務を選んだんです。

前任が辞めるための引き継ぎだったので、薬剤師は私一人でした。

患者さんも長く通ってる方ばっかりですし先生もいい方なんですが、看護師さんたちと合わなくて。

小さい医院って長く勤めてる看護師さんとか事務の方ばっかりじゃないですか。

どっち向いてもお局様みたいな感じなんですよね。

イジメじゃないですけどお小言が物凄く多くて、必ず前の薬剤師と比べられるんです。

「◯◯さんはもっとちゃんとしてた」とかって。

結局1年持たずに辞めました。

元々薬剤師向いてないよ。とは言われてたんですけど、ホントに向いてなかったんでしょうね。

資格はもったいないですけど、好きなアパレルの仕事に転職しました。

30代女性:Eさん

Eさん
妊娠をきっかけに退職しました。

結婚してからも仕事は続けていたんですが、なかなか子どもができなかったんです。

やっとできたのが分かってからも仕事はギリギリまで続けるつもりだったんですけど、何しろ忙しい職場なので、残業も多いんですよね。

ちょっと体調崩したのがきっかけだったんですが、家族がもし子どもになにかあったらどうする。って心配するようになってしまって辞めることにしました。

女性が多い職場ですし、経産婦も多かったので理解は得られました。

比較的珍しいのかもしれませんが円満退職でしたね。

薬剤師は好きな仕事ですし、子育てが一段落したらまた復帰したいと思っています。

異動も多いのできっと人も変わっちゃってますけど、できれば元の職場に復帰したいですね。

40代男性:Jさん

Jさん
長時間労働が原因で薬剤師を辞めました。

私はドラッグストアの管理薬剤師をしていましたが、とにかく人がいないため超過勤務が当たり前でした。

薬事法で勤務時間も決められているんですけれども、まったく守られてはいませんでしたね。

調剤薬局や院内薬局も大変ですし忙しいことは重々承知ですけれども、いわゆるブラック企業のような勤務体制はそれほど多くありません。

ですが調剤と市販薬の両方を扱うドラッグストアの場合、圧倒的に薬剤師の数が足りないんです。

それもあって、常に週の勤務時間が規定の1.5倍以上でしたね。

忙しいこともありますが、違法であることを分かっていながら勤務強いる企業に疑問を抱き、辞める決意をしました。

現在は調剤薬局勤務ですので薬剤師自体をやめたわけではありませんが、給与だけで職場を選ぶものではないと学びました。

 

薬剤師は辞めたいけれど働くことをやめたいわけではないという方がほとんどのようです。

薬剤師がイヤなのではなくて今の職場がイヤというケースが多いのが薬剤師の特徴だと思います。

 

薬剤師の場合、勤務する企業によってずいぶん差が出てしまうことも事実。

何十年も同じ職場で薬剤師をしているという方も少なくはないですが、頻繁に転職する人も珍しくはないですね。

仕事の内容はもちろんのこと、職場との相性が何より大切なのかもしれませんね。

 

まとめ

薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由は?

今回は、薬剤師を辞めたい時に使える仕事を辞める理由についてお伝えしました。

一見地味な職業と捉えられがちな薬剤師ですが、もっとも患者さんに近い位置で医療の手助けをしているのが薬剤師だと思います。

 

しかし、仕事の内容を把握している人は少ないのも現状。

ただ処方箋通りに薬を用意して渡しているだけ。と思われていることも多いかもしれません。

 

実際は医師や看護師よりも薬に造詣が深いのが薬剤師です。

また、細かい仕事がとても多く想像以上に多忙だということも意外と知られていませんね。

薬剤師は資格を取るまではとても大変ですが、休職や別職に就いたとしても活かせる事が可能な仕事です。

 

職場環境も多岐に渡るため、退職するにしても、薬剤師を辞めるのではなく勤務している職場をやめるということがほとんどでしょう。

薬剤師の資格を活かしながら、その方にとってベストの働き方のできる職場が見つかるのが一番だと思います。

 

本気で仕事を辞めたい人だけが見る動画

→動画リンク

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*