医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

医師(医者)=エリートというイメージがあるように、医師になれた方は順風満帆な生活を約束されたようなもの。

そう思っている方も多いと思います。

確かに所得や生活の面でも裕福、恵まれているという印象が強いですよね。

 

しかし、医師には医師にしか分らない悩みも多く、ほぼ必ずと言っていいほど医師を辞めたいと思う時期もあり、深刻に悩むことも少なくないそうです。

端から見れば羨ましい医師たちが、仕事を辞めたいと思うこととは一体どんな理由なのでしょうか。

 

そこで今回は、医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じる理由からどのようにすればいいのか対処法までをご紹介していきます!

 

医師(医者)を辞めたい・疲れたと思う理由ベスト3は?

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

第3位:理想と現実の差

医師を志し、医学部で猛勉強に励んでようやく手にした医師免許。

やっと医師として独り立ちというわけにはいきません。

 

医学部は6年ですが、医師国家試験に合格した後も最低2年の研修医期間があります。

その後、ようやく就職となるため、最短でも一人前の医師として医療に従事できるのは20代後半からになります。

医師を志すことに年齢は関係ありませんが、医師免許を取得してから研修医の期間に心が折れてしまうという医師は少なくないのです。

 

収入は低く、休む暇もない。

研修医の給料だけでは生活ができないため、休日も別の病院でバイトをするという方は決して珍しくありませんね。

若い医師、研修医ほど疲れている、疲労困憊していることも事実です。

 

また、先輩医師やベテラン看護師から激を飛ばされることも頻回ですので、志が高く理想の医師像がある方ほど現実とのギャップに疲れてしまうことはあるようですね。

 

第2位:体を壊しても休めない

医者の不養生という言葉もありますが、患者には「消化の良い物を摂って、ゆっくり休んでください」と言いつつ自分ではそれができない環境にあるという医師がほとんどです。

医師も人間ですし、来院する患者から感染することも少なくない職業ですね。

 

しかし、風邪で熱があろうがフラフラだろうが休めないのが現状。

勤務前に点滴でむりやり水分補給や解熱剤を打って、仕事に臨むという方も決して少なくはありません。

 

現在では多少緩和されているようですが、40度近い高熱でも休めないということも珍しくはなかったのだとか。

厳しい環境で勤務をしていても少しでも体調を崩せば「自己管理ができていない」とお説教されることも。

 

医師も元々丈夫な方ばかりではないので、疲れやすく体調を崩しやすい体質の方もいますが、そういった方は健康上の理由で医師を辞めたいと考えることもあるようです。

 

第1位:ハードすぎる

医師といっても勤務している病院や科によって異なるため一概には言えませんが想像以上のハードスケジュールであることが、医師を辞めたいと考える最大の理由のよう。

朝7時出勤、退勤が21時~22時ということも珍しくはなく、当直や緊急外来を受け入れている病院などでは更に時間が不規則になります。

 

また、長時間に渡る手術がある外科医などは何日も病院に泊まりっぱなしということも少なくないですね。

病床のない個人医院と救急指定病院、大学病院ではまったく勤務実態が違ってくるので、一般企業に近い勤務形態の医師もいることはいます。

 

しかし、ハードな勤務を強いられている医師の場合、食事を摂る暇もない。寝る時間もない。休憩する暇もなく病院内を走り回るということも多いのが実態。

食事が一日一食という医師は少なくありませんが、あまりに時間がなかったのか、診察中に「食べながらでもいい?」と言った先生も現実にいるくらいです。

 

医師(医者)を辞めたい・疲れた人の声

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

20代男性:Sさん

研修医です。

様々な科を定期的に回っている最中ですが、実際に闘病されている方を間近で見ていたり、緊迫した現場に立ち会うようになってみて、辞めたいと思うことが増えました。

ミスを許されないというシビアさももちろんですが、手の施しようがない。という患者さんもいらっしゃいます。

命を預かる職業だということは重々承知していたつもりですが、実際に目の当たりにすると厳しいですね。

先輩や看護師さんからは「慣れだ」とも「慣れるな」とも言われますが、勤務のハードさに加えて、メンタルが限界に来ているような気がします。

科が変われば違うのかもしれませんが、少なくとも自分には日々生死を直視していく自信はありません。

医師という職業自体はとても憧れでしたし、今でもいい医者になりたいという希望はありますが、現実を見たときの絶望はとても重いです。

30代女性:Yさん

大学付属の内科勤務医です。

昨年結婚をしましたが、結婚後しばらくしてから医師を辞めるか悩むことが多くなりました。

独身のころは勤務形態や生活サイクルにも慣れていたので、あまり気にすることはありませんでしたが、主人が一般企業の会社員のため、医師の生活とは大きな差を感じることが増えています。

病院はある種閉鎖的な空間なので、周囲もそれが当然という認識だったんですが、主人から「それおかしくない?」と指摘されることが多く、また休みが合わないことや当直で家を空けることが多いこと、緊急の呼び出しなど、理解できないことが多いようです。

恋愛結婚ですが、一緒に生活してみて分かったことも多く「医者は奥さん向きじゃないね」と言われたときに、考え方の違いを感じました。

特に、そろそろ真剣に子どもを持つことを考え始めているので、医師を辞めるべきか悩んでいます。

40代男性:Uさん

人間関係から医師を辞めるか、続けるかを悩んでいます。

患者さんからは見えない部分だとも思いますが、医師の人間関係や派閥争いはドラマさながらなところがありますね。

権力のある先生につけば安泰。意義を唱えれば端に追いやられる。

極端な話をすれば、異動や転勤という名の厄介払いをされることも少なくありません。

医師の世界もカースト制に近いところがありますし、世渡りの上手いタイプとそうでないタイプではずいぶん差が出てしまう世界です。

特に大学や大病院ほどこの傾向は強いのではないでしょうか。

医師の仕事そのものにはやりがいを感じていますが、現在は人間関係に疲れてしまっていますね。

開業医という選択肢や、退職して再就職。ということも考えますが、結局同じことの繰り返しでは?と悩むこともあります。

 

このように、誰でも簡単になれるような職業ではない医師でも辞めたいと考えている人は最近増えているようです。

やはりどんな職業にも合う合わないがあるので、辞めたいと思うのは当然のことでしょう。

そんな時は無理をせず違う選択肢を取ることも、この先の人生を行きていくためには重要なことです。

 

こんな人は医師に向いていない!

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?
  • 人の生死と直面できない人
  • 感情をそのまま表に出す人
  • 自分の考えを客観視できない人
  • 飽きっぽい人
  • 人の話を聞かない人

軽い病気も重い病気もあるでしょうし、どんな状態なのか判断のつかない状況の患者さんもいらっしゃいますよね。

医師から見れば診断できない厄介な患者なのでしょうが、そういったときの対応がずさんだったり適当にあしらわれていると感じたとき、患者も医師を見限ります。

 

医師も人間ですので、どんな患者にも均等に接することは難しいのだとは思いますが、少なくとも患者に悟られないことは必須ではないでしょうか。

患者の話を聞かず一方的な説明のみの冷たい印象の医師は多いです。

 

仮に診断のできない症例だったとしても、根気よく患者の話を聞く。

患者の中には自分の症状を上手く説明できない方もいらっしゃいますから、その辺りも汲んでもらえるかどうか。

医師から見た医師の向き不向きと患者視点では異なるかもしれませんが、少なくとも患者の目線に立ってくれる医師を求めていることは確かです。

 

医師(医者)を辞める前に転職してみるのも1つの手!

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

いくら医師を辞めたいと強く思っていても、辞めてしまえば収入がなくなってしまうわけです。

そうなると毎日の生活も当然のことながら苦しくなってしまうのは明白です。

それでも今の仕事を辞めて別の分野にチャレンジするんだという強い意志を持っているならいいですが、そこまでではないなら辞めるのではなく転職してみるのも1つの手です。

 

特に、医師の中には『今の職場よりもいい条件のところへ行きたい!』と思っている人も多いので、転職している人も年々増加しています。

そんな時に役に立つのが医師専用の転職サイト!

数ある医師専用の転職サイトの中でも登録手続きが簡単で有名企業が運営の安心して利用できるものを厳選したので、いい職場を探してみましょう。

 

その1:医師転職ドットコム

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

医師転職ドットコムは医師専用の転職サイトの中でも名の知れたサイトで、このサイトを通じて転職をした人は年収上昇率146.6%というデータも出ています。

また、転職満足度に関しても94.7%と驚くほど高い数値となっているので、自分の納得の行く職場を見つけることができます。

 

運営会社も東証一部上々企業の株式会社アインファーマシーズが運営しているので、管理体制も抜群。

サービスも充実しており、こちらに無料登録するだけで求人情報はもちろんのこと非公開の求人紹介や初めての転職もスムーズに行えるよう応募から採用、入職の手続きまでを完全にサポートしてくれるのです。

 

その他、転職で失敗しないためのアドバイスも丁寧に行ってくれるので、登録者は最後まで安心して転職活動を進めることができます。

今すぐにでも転職したいと思っているなら、医師転職ドットコムに登録しておくと安心です。

今働いている環境では見えなかった働き方にも気づくことができるでしょう。

医師転職ドットコムの無料登録はこちら

 

その2:リクルートドクターズキャリア

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

2つ目は就職や転職に強い大手リクルート株式会社が運営するリクルートドクターズキャリア。

こちらは医師の転職に特化したサイトで、転職サポートのプロフェッショナルであるリクルートが収入面や勤務状況などに合わせて最適な環境を提案。

こちらも全国的な大手企業であるため安心して利用することができます。

 

土日はきっちりやすみたいなど細かな条件にも応えてくれるので、仕事だけでなくプライベートも大事にできる環境を探しているならリクルートドクターズキャリアはおすすめです!

あなたもリクルートドクターズキャリアで納得のいく転職をしてみませんか?

リクルートドクターズキャリアの無料登録はこちら

 

医師を辞めるに使える退職理由は?

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

その1:開業・跡を継ぐため

円満に医師を辞めるというのは、一般企業の会社員以上に厳しいと言われています。

「一身上の都合」で済むものが、それでは納得されないというのが現状です。

勤務医が病院をやめる際、もっとも円滑な退職理由にされるのが、「個人医院を開業する」「実家の病院を継ぐ」という理由。

 

どちらも条件が揃わなくては難しいことではありますが、人間関係や病院との関係にヒビを入れることなく円満退職できる事例です。

特に、地方から上京している医師が「地元に帰って実家を継ぎます」というケースは、どこからも憤懣が出なかったと記憶しています。

開業される場合には、それ相応の準備や根回し、医師同士の今後のおつきあい等もありますので、急に辞めたいから辞める。というわけにはいかないのが難点だと思います。

 

その2:健康上の理由

ハードな勤務が原因で健康を害してしまう医師も少なくはありません。

「◯◯医師はしばらくお休みさせて頂きます」との通知があって、数カ月後に復帰してきたときにはげっそり痩せているということも珍しくなく、大病を患っていたということも実際にあります。

復帰される医師もいますが、病気や健康を理由に退職する医師もいますね。

 

職業柄。病名を根掘り葉掘りされることも懸念されますが、本人ではなく家族や身内の健康状態が思わしくない。

介護が必要になったという理由で退職する場合もあるそうですよ。

 

友人や知人の医師に頼み込んで、精神的な疲労から医師を続けることは難しいと助言してもらう場合もあるようですが、同院内では後からボロが出ることを考えて他院の医師に頼む方が安心でしょう。

 

その3:結婚・妊娠

こちらは女性限定になりますが、結婚・妊娠・出産は、周囲が止めにくい退職理由ですね。

「医師を続けるなら結婚できない」と言われている。でも通ると思いますし、妊娠・出産と医師の勤務実態を天秤にかけたときに、どちらを優先するかは考えるまでもないと思います。

臨月まで仕事をしていたという医師や看護師もいるとは思いますが、妊娠・出産をきっかけに医師を辞めるというのであれば、それほど大きな反対には合わないでしょう。

 

妊娠しているから「◯◯はできません」と言われるくらいなら、すっぱり辞めてもらった方がいいと考える職場もあるようです。

マタハラという問題もありますが、退職することが前提であれば短い期間のガマンですむでしょうし、「万が一のことがあったら誰が責任を取ってくれるのか」と強く主張することも可能でしょう。

 

実際に医師(医者)をを辞めた人の声

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

30代男性:Sさん

悲願でもあった医師になって数年、ほとんど休みもなく全力で突っ走ってきた結果、疲れ果ててしまいました。

たまの休みはもちろんですが、仕事中も上の空。

患者さんに病状の説明をしていても上手く意図が伝わらないようで、聞き返されることが多くなり、同期の心療内科医に相談した後、退職を決意しました。

知らず知らずのうちに気持ちのバランスが取れなくなっていたんだと思います。

医師を辞めるにあたって、家族の落胆もありましたし自分自身の虚無感もありましたが、同期の後押しもあり、比較的スムーズに辞めることができました。

その後は医療とはまったく別の職に就きましたが、身体的にも気持ち的にも安定しているようで穏やかに過ごせています。

医師に未練がないといえば嘘になりますが、向き不向きはあるのかもしれません。

30代女性:Yさん

結婚・出産を経てからも医師を続けていましたが、二人目の子を妊娠中に切迫流産。

早い段階で育児休暇を取ることになったのですが、医療従事者の「ギリギリまで働いてる人も多いのにね」という心ない言葉が医師を辞めるきっかけになりました。

一人目と二人目の間が比較的空いていることもあったのですが、一人目のときには出産して間もなく仕事復帰してしまいましたし、自分で子育てができていたか?と思うことがあります。

現在は専業主婦として娘二人と過ごしていますが、女性が医師として働ける環境は限られていると思います。

将来的に娘たちが大きくなったとき、医師に復帰と考えなくもないですが、条件が整っている病院や医院があるかが問題ですね。

40代男性:Oさん

厳密に言えば医師を辞めたわけではないのですが、勤務していた病院を辞め、転科しています。

大学付属の勤務医でしたが、勤務からくる疲れと泊まり込みの多さなど、病院勤務の限界を感じました。

既に妻子がおりましたが、子どもに先天性の疾患があるのに、家に帰ってこられないということが一番大きかったですね。

退職理由には子どもの病状を理由にしましたので、それほど揉めることはなかったものの、後任の医師が決まるまで時間はかかりました。

大学を辞めた後は自宅で別の科の開業医をしています。

現在も医師ではありますが、勤務医の頃とは生活がまったく異なりますし、条件が揃えば医師そのものを辞めるという選択以外にも転科という選択肢もあるのではないかと思います。

 

このように、実際に医師(医者)を辞めた人もいるようです。

ただ、自分が辞めたいと思っても後任の医師が見つからないことにはなかなか辞めるのも難しいようです。

スムーズに辞めるためには予め自分の後を引き継ぐような人を見つけておくことも重要だといえます。

 

まとめ

医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法は?

今回は、医師(医者)を辞めたい・疲れたと感じた時の対処法をご紹介しました。

医師は想像以上にストレスが多く、心も体もハードな職業です。

 

バイトをいくつも掛け持ちしながらようやく生活している若い医師も多いですし、医師免許を取得したからといって勉強から解放されることもありません。

身を削って医療に従事している方もたくさんいらっしゃいますね。

医師にも向き不向きはあると思いますが、患者から見ていい医師とそうでない医師と、医師自身が思う理想の医師像には隔たりがあることも少なくないでしょう。

 

患者さんに慕われる、信頼されるいい医師でありたいという夢を持っていても、日々の忙しさや疲れ、生活の不規則さに潰れてしまう方も多いと思います。

医師には知識だけではなく、メンタルの強さや体の丈夫さ、そして患者さんに寄り添う気持ちがなければ成り立たない職業です。

自分の限界を越えてまでとは思いませんが、たとえ躓いてしまったとしても大変な努力をして取得した医師国家資格ですから、即医師を辞めるではなく上手く活かせる方法が見つかるのが一番だと思います。

 

本気で仕事を辞めたい人だけが見る動画

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*