保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?

保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?

保健師と言われても、ピンと来ない方が多いかもしれません。

また保健師と看護師を混同したり、違いが分からないという方も少なくはないので、あまりメジャーな職業というイメージがありませんよね。

 

しかし、保健師は看護師資格を取得していなければならない前提があるため、看護師から保健師を目指す方も少なくはありません。

看護師が患者の治療を手助けする役割ならば、保健師は病気やケガを防いだり健康を維持できるように指導していく役割です。

 

看護師がキャリアアップとして目指すことも多い保健師ですが、辞めたいと思われる方もいるでしょう。

そこで今回は、保健師を辞めたい・つまらないと感じている人がどうすればいいのかについてお伝えしていきます!

 

保健師を辞めたい理由ベスト3は?

保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?

第3位:サービス残業が多い

保健師には、主に「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」の三種類に別れます。

もちろん保健師の資格はどの場合でも必要ですが、市町村で保健指導を行う行政保健師は公務員になります。

 

一般企業で社員の健康状態の相談を受ける産業保健師は、雇用主が企業になります。

学校保健師は養護教諭と言った方が一般ですが、養護教諭の免許が必要になってきます。

 

一例として産業保健師を例にしますが、多くの社員を抱える企業でも保健師の人数は1~2名がせいぜいでしょう。

社員の健康診断をはじめ、ストレスやメタボリック症候群対策など、ひとりひとりから受ける相談にも向き合わなければなりません。

大きな企業の産業保健師ほど仕事量が多くサービス残業が多いという実態もあるようです。

 

行政保健師にしても学校保健師にしても、人数に対して仕事量はとても多いものですからとても忙しく残業も少なくないということが辞めたい原因のひとつになるようです。

 

第2位:抱いていたイメージと仕事内容が異なる

保健師は基本的にデスクワークが中心です。

看護師から保健師に転職した方の場合、朝から晩まで忙しく動き回っていた生活から事務作業中心の仕事に変わるため、イメージとのさや仕事がつまらないと感じることも多いようです。

 

勤務している職場によって異なるかもしれませんが、保健師は健康診断や健康相談の時期以外は机に向かっていることがほとんどでしょう。

アクティブな性格な方ほど保健師の仕事はつまらない・退屈と感じることがあると思います。

表舞台ではなく裏方の仕事が保健師ですので、地味な仕事という印象はあるかもしれません。

 

コツコツ机に向かっていることが苦手な方は辞めたいと思う原因になるかもしれませんね。

 

第1位:指導に自信がなくなる

病院勤務の保健師もいますが、行政・産業・学校という立場の保健師の場合、健康相談や指導をする際にその場で医師の支持を仰ぐことができません。

自分の知識や経験から、相談者の健康状態や精神状態を汲み取ってアドバイスをしなければならないことも多いです。

 

健康診断のデータを元に「◯◯が高いので◯◯を控えるようにしてください」といったアドバイスは比較的難易度が低いですが、相談者の状況に合わせて臨機応変に対応する必要も不可欠

健康状態に不安があれば、日常どんな生活を送っているのか・健康状態を悪化させている要因が含まれていないか・

 

具体的にどう改善していくか・治療や生活改善の方法などを提唱する。

こういったことが保健師の仕事です。

 

医師や看護師よりもより相談者に近い位置でアドバイスを行わなければならないため、果たしてこの指導が正しいのだろうか?と保健師が自信喪失してしまうことも少ないようです。

特に相談内容が多岐に渡る環境であるほど、知識不足や自信のなさに保健師を辞めたいと悩むことはあるのでしょう。

 

保健師を辞めたい人の声

保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?

30代女性:Sさん

Sさん
看護師を経て保健師になりました。

体力的には楽になったんですが、精神的にはキツいです。

行政保健師ですので公務員になりますが、保健師の数自体が少なく比較的年かさの女性が多いため、仕事が忙しい時期なると職場内が殺伐としてきます。

私は今の職場では一番新人ですし、年齢も下になるということもあるのでしょうけれども、面倒な事務作業を押し付けられることが少なくありません。

看護師も女性中心の職場ですし人間関係の難しさはもちろんありましたが、動き回っている分発散できていたんでしょうね。

現在は先輩方の顔色を窺いつつのデスクワークが中心なので、ストレスで暴食することが多くなりました。

健康相談等ではメタボリック症候群の対策や指導をすることも多いですが、誰よりも私が対策をしなければならないと痛感しています。

看護師の仕事をこなしながら取得した保健師資格ですが、辞めたいと思うことが多くなってきました。

40代女性:Tさん

Tさん
学校保健師です。

養護教諭や保健室の先生と呼ばれることが多い立場です。

何より頭を悩ませているのが、生徒の親御さんとのトラブルです。

私立中学校に勤務していますが、第二次性徴の真っ只中ですので体重も増加しやすいです。

特に女子生徒の場合、過度のダイエットから貧血を起こして倒れてしまう子が多くなったり、反対に肥満が深刻化している子も少なくはなく、生徒本人に指導を行うこともあります。

すると、中には学校に乗り込まれる親御さんもいらっしゃいますね。

親御さんに成長期の食事や運動の重要性を説明しても聞く耳を持ってはもらえず「娘が傷つけられた」と騒ぐばかり

なので、どうにも対処ができずに途方に暮れます。

校長などからもトラブルを起こすなと釘を刺されますし、保健指導もできない環境での仕事ならいっそ辞めてしまおうかと思う今日このごろです。

20代男性:Oさん

Oさん
看護大学から看護師を経験せずに産業保険医になりました。

社員全員の健康診断の結果をチェックしてひとりひとり説明と指導をしますが、まず数値がレッゾゾーンでも大事だと考えていない人の多さ。

メタボもそうですし、肝機能や尿酸値・糖尿といったことをアドバイスしても聞く耳を持たない方がほとんどです。

また、若い社員ほど残業や休日出勤が多く、メンタルがギリギリという人が少なくないですね。

「仕事を減らして少し休めるように」とアドバイスをしても、自分が彼らの仕事のスケジュールをどうにかすることはできないため、結局のところ解決にはならないんです。

自業自得だから仕方ないと思うケースと、なんとかならないだろうかと思うケースがありますが、どちらも自分の力不足を感じます。

指導という名のアドバイスはできますが、決定権や強制力があるわけではないので産業保健師の存在意義を考えてしまうことはありますね。

 

保健師は働く環境によってもずいぶん条件が異なってくると思います。

基本的に健康指導やアドバイスがメインではありますが、医師ではないので指導をしても軽く流されてしまうことは少なくありません。

 

真剣仕事に取り組む保健師ほどやりがいの欠如や仕事のつまらなさ、虚無感を覚えやすい仕事だと思います。

また保健師自体の認知度が低いということも関係しているのかもしれませんね。

 

こんな人は保健師に向いていない!

保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?
  • 不健康な人
  • ネガティブで落ち込みやすい人
  • 人と接するのが苦手な人
  • 地味なデスクワークが苦通に感じる人
  • 感情的になりやすい人

 

どんな環境で仕事をしている保健師も同じですが、健康であるために生活改善や注意を促すのが役目です。

自分自身がメタボであったり見るからに不健康であるとなると、説得力の欠片もありませんね。

 

また、丁寧に状況を説明して指導しても聞こうとしない方も少なくはないですが、こういったときに感情的になってしまったりする人は、そもそも人と接することが不得意でしょう。

事務仕事も多いのでデスクワークが苦手な人も不向きと言えますし、何よりもたくさんの方の悩みや健康のアイドバイスをしていると気分が落ち込みがちにあることもありますね。

 

臨機応変さに長けていて、切り替えが上手く明るくポジティブなことこそ保健師に求められる条件だと思います。

 

保健師を辞める時の退職理由は?

保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?

その1:健康上の理由

実際のところ保健師の離職率はそれほど多くはないのですが、どうしても辞めたいというのであれば体調が思わしくない・仕事をこなせる健康状態ではないというのは免罪符になるでしょう。

保健師の仕事は看護師などと比較すると夜勤もありませんし体力面のハードさは低いのですが、人の健康状態を把握や状況判断をしてアドバイスをする。健康指導を行うという判断力や根気強さが必要になってきます。

 

人と接することも少なくありませんが、素直に訊いてくれる方ばかりではないですしストレスを感じることも多いですね。

 

また、データ処理や事務的な仕事がメインになることもありますし、残業が続くことも珍しくはありません。

保健師は人当たりの良さと根気強さの両方を兼ね備えていなければならないため、ストレスと過労が一気に襲ってくる場合もあるでしょう。

 

もし退職の理由に迷うのなら「健康状態が良くない」ということで通ると思います。

 

その2:異動ができないことを理由にする

行政保健師の場合ですが、3年おきに異動になるケースが多いです。

公務員の多くが一定の年数で異動になることが少なくありませんが、行政保健師も公務員のため異動に組み込まれることが少なくないようですね。

他の公務員と同じように移動先の指定はできないため、通勤には厳しいという場所に移動になることもあるでしょう。

 

生活環境が変わってしまう場合もあるかもしれませんし、何より同じ行政保健師でも勤務地が変われば人間関係も全て変わります。

この異動を保健師を辞めたい理由に上げる人もいらっしゃいますが、退職の理由としても異動は使えるのではないでしょうか?

 

近距離の移動の場合は難しいですが、通勤時間がかかりすぎるということは退職の理由になるでしょう。

 

「もっと長時間の通勤の人もいる」と言われるかもしれませんが、家庭環境は人それぞれですね。

「自分には通いきれません」と押し通せば辞める理由として成立すると思います。

 

その3:妊娠や出産

保健師はまだまだ女性が多い職業ですので、結婚や妊娠・出産という大きな転機を退職の時期に重ねるのはとてもスムーズ。

出産ギリギリまで働くという場合もあると思いますし、結婚を機に寿退社します。というのも問題なく通る理由でしょう。

 

女性限定の方法になってしまいますし条件が限られてしまいますが、行政保健師でも産業保健師でも学校保健師でも万能に使える体力理由だと思います。

 

もし「妊娠してもまだ仕事は続けられる」と引き止められるようであれば、「産婦人科で仕事は辞めた方がいいと止められた」と返せば問題ないでしょう。

保健師は乳幼児の健康状態のアドバイスや指導もする仕事ですから、妊婦の健康を優先しないわけにはいきませんし「医師に止められた」という理由は何よりの強みになります。

 

できるだけ早く辞めたいと考えるのならば、嘘も方便という考え方もあるかもしれませんね。

 

保健師を辞めた人の声

保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?

20代女性:Uさん

Uさん
妊娠をきっかけに保健師を辞めました。

保健師の仕事自体に不満はありませんでしたし、自分でも向いている仕事だと思っているのですが安定期に入る前に、胎児の状態があまり安定せず流産の危険があるとのことを告げられました。

本当は出産ギリギリまで仕事は続けるつもりだったんですが、予定よりも大分早く退職することになりましたね。

急に辞めることになってしまったので職場の同僚には迷惑をかけることになってしまいましたが、快く送り出してくれたのが嬉しかったです。

産休ではなく一度退職することを選んだので、再就職活動をすることになりますが、子育てが一段落したらまた保健師として働きたいと思います。

それまでは、私や子どもが保健師のお世話になる立場ですね。

30代女性:Iさん

Iさん
元産業保健師です。

一般の会社員と変わりませんでしたし働きやすい環境ではあったんですが、会社の経営体制が変わったようで支社への転勤の話が持ち上がりました。

独身の一人暮らしでしたが、勤務地がかなり遠方になってしまうため引っ越しは避けられませんでしたし、生活環境そのものが変わることへの不安もあったため退職しました。

女性の場合既婚であればまず転勤の候補には挙がらないのかもしれませんが、新しく採用する保健師は引き抜きのようで、優秀な人材を採って私は異動ということだったんでしょうね。

産業保健師は社内でも微妙な立場になることが多いので、生活環境を丸ごと変えてまで会社の方針に従うつもりはなかったです。

現在は別の企業で保健師をしていますが、大きな企業ほど転勤や異動の可能性が高いのかもしれません。

おそらく現在の会社で転勤はないので、そういった点では安心しています。

30代女性:Eさん

Eさん
行政保健師でしたが、パワハラが原因で退職しました。

異動したばかりの職場の上司が、絵に描いたようなパワハラ上司で自分では何もせず、仕事は部下に全て押し付けて文句だけは言うという人でした。

他の同僚は慣れているのか、異動直後から「パワハラひどいけどスルーしておけばいいよ」とアドバイスをくれていたんですが、誰も反応しないせいかエスカレートする一方で。

ある時業務内容に支障が出るようなミスを部下に押し付けたことで、口論になってしまったんです。

それ以来、それまでに増して目の敵にされるようになってしまい、限界を迎えてしまいました。

周りの人は私が辞める必要はないと庇ってはくれましたが、上司に意見するというわけでもなく、結局のところ上司をできるだけ無視することが処世術だったですよね。

私にはそれができなかったので、辞めざるを得なくなってしまいましたが。

現在は保健師ではなく個人病院の看護師として勤務しています。

 

どんな職業でも続けるか辞めるかのきっかけは人間関係や環境の変化ということが多いと思います。

大変じゃない仕事はないといいますし、愚痴をこぼしながらも仕事そのものは決して嫌いではないという人が多いでしょう。

 

大半は職場の人間関係の悪化や、通いきれない場所への異動が退職の引き金になるのではないでしょうか。

自分だけでは改善しようのない原因で辞めなければならないこともあると思います。

 

まとめ

保健師を辞めたい・つまらないと感じている人は今後どうするべき?

保健師にはいくつかの種類があるため、正確なデータはありませんでしたが看護師と比較すると離職率は低くなっているようです。

保健師の仕事は人によっては退屈・つまらないと感じることもあるようですが、長く続けられる安定した職業と言えるでしょう。

それでも辞めたいと思う方はいらっしゃいますし、辞めたい理由も様々だと思います。

 

しかし、保健師の資格取得は決して簡単なものではなかったのではないでしょうか?

専門知識も必要ですし、迷いや悩みといった壁にぶつかることもあるでしょうけれども、やりがいのある仕事であることは確かでしょう。

保健師を辞めるのかその職場を辞めるのかでは変わってくると思いますし、熟考することをおすすめしますよ。

 

本気で仕事を辞めたい人だけが見る動画

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*