社会人一年目で辛いし辞めたいと思っているあなたへ!

社会人一年目で辛いし辞めたいと思っているあなたへ!

色んな壁にぶち当たる社会人一年目。

社会の洗礼を受けて逃げ出したくなるほど辛いと感じている方もいることでしょう。

 

社会人になってからも様々な辛い経験をするでしょうが、もしかすると社会人一年目の頃が一番辛いかもしれません。

中には、『今すぐにでも仕事を辞めたい・・・』なんて思っている方もいるのでは?

 

では、一体社会人一年目の人たちはどういったことに苦しめられているのか。

 

今回は、社会人一年目がどのように辛いのか乗り越える方法までを合わせてご紹介していきます。

 

社会人一年目の何が辛いのか?

社会人一年目で辛いし辞めたいと思っているあなたへ!

よく『社会人一年目は辛い』と言うけれど、人によって辛いと感じることは様々。

でも、その中でも特に社会人一年目の人が辛いと感じることは以下のようなことではないでしょうか?

  • 覚えることが多すぎる
  • 環境の変化に慣れない
  • 自分のペースで仕事ができない
  • 人から常に評価される
  • 成績順位で比べられる
  • 上司の指導が厳しすぎる

 

あなたも今こんなことに悩まされてはいませんか?

 

1:覚えることが多すぎる

晴れて就職活動にも成功し、会社に入社して働き始める社会人一年目。

ただ、社会人一年目というのは会社での仕事が全く分からないのが当たり前の状態なので、一年目はとにかく仕事を覚えることからスタートします。

 

しかし、ビジネスマナーから電話対応、書類の作成方法、取引先の情報把握、外回りの営業など次から次へと新しいことを教えられもはや頭がパンク寸前になっている人もいるのではないでしょうか?

人間覚えられるキャパシティには限界があるので、次々に新しいことを教えられるとパニック状態に陥ってしまいます。

 

それなのに一度で覚えきれないと『何度同じことを言わせるんだ!』と怒られたり、呆れられたりする始末。

『そんなこと言われても・・・』と本音を言いたいものの、何も言い返せず辛い思いをしている人もたくさんいることでしょう。

 

2:環境の変化に慣れない

学生と社会人では環境に大きな違いがあります。

というのも、社会人になれば全ての責任が自分となり、もし何かやらかしてしまえば自分で責任を取らなければいけません。

対して、学生というのは責任を親が取ってくれるので、自分のしたいことにも挑戦しやすく好きなことにも取り組めたりします。

 

責任が自分にあることで1つ1つの行動にプレッシャーを感じ、慎重に判断しないといけないので学生時代のままでいると相当なストレスになるでしょう。

また、仕事のせいで遊びに行く時間も極端に少なくなり、ストレスを発散する機会が減ってしまうのも社会人一年目に経験する辛さの1つ。

こうした環境の変化になれないと、仕事をしている間ずっと『辛いなぁ・・・』と感じてしまうのです。

 

3:自分のペースで仕事ができない

社会人一年目の時はまだ仕事の全体像を掴めないので、なかなか自分の思い通りに仕事を進められないもの。

なので、ペース配分がよく分からず、あらゆる仕事が『突発的に降り掛かっている』ように思えてしまいます。

仕事に対する免疫のない社会人一年目の新入社員にとって、次から次に仕事が来る状態といのは辛いことでしかありません。

 

また、一年の流れが分からないために仕事の先読みができなかったり、優先順位を着けられず余計なことに時間と労力を注いでしまうなんてことも。

そのせいで上司に怒られて、やる気をなくしている人も多く見かけます。

やっぱり自分のペースでコントロールできないと心にも余裕が持てないので、毎日苦しくなってしまうのは当然です。

 

4:人から常に評価される

学生の時も成績表で人からの評価を受けますが、社会人における評価というのは今後の出世にも関わることなので、かなり重く受け止めなければいけません。

会社によってはちょっとのミスで出世の道が途絶えてしまうようなところもあり、毎日人の目を気にしながら生活することを余儀なくされます。

このような状態が続くと段々自分の意志を持たなくなり、会社のコマとなってしまうことに・・・。

 

自分はこうだ!と思っていても上司からの評価を損ねないために理不尽な要求にも応じて仕事をするのはどれだけ辛いことか。

学生の時の評価は受け流せても、社会人になってからの評価というのは受け流すことができないので、辛いと感じてしまうのです。

 

5:成績順位で比べられる

営業系の仕事に就くと、とにかく数字を求められ成績順位で常に比べられてしまいます。

特に、同期にすごく仕事のできる人がいると『あいつは結果を残してるのに、どうしてお前はできないんだ?』と比べられ、自分の不甲斐なさを突きつけられます。

また、成績トップの人も一度その地位になってしまうと、トップであり続けなければいけないというプレッシャーが降りかかり休む暇もなく働き続けて苦しい状態になるということも。

 

結果こそ全てといのが社会の厳しさでもあるかもしれませんが、今まで自由に過ごしてきた学生が競争社会に投げ込まれれば当然辛いと感じるはずです。

 

6:上司の指導が厳しすぎる

どんな職場にも新人を厳しく指導する鬼のような上司がいたりします。

1つのミスをしただけで説教3時間なんて体験をした人もいるのではないでしょうか?

上司としてはしっかりと一人前の社員に育って欲しいという想いがあるのかもしれませんが、まだひよっこの社会人一年目には恐怖でしかなく萎縮してしまいます。

 

それが原因で精神病を患ったり、職場に行くのが嫌になって辞めてしまう人もいたりします。

実際に、僕自身も社会人一年目の時の上司に何をやっても怒られる状態が続いてノイローゼになりかけました。

 

このように、社会人一年目には色んな辛いことが待っていたりします。

ただ、そんな辛い思いをしているのはあなただけではなくたくさんの人が経験しているのです。

 

社会人一年目で辛いと思っている人の声

社会人一年目で辛いし辞めたいと思っているあなたへ!

社会人一年目の辛さを経験している人はたくさんいるようで、ネット上にもこのような声が集まっていました。

やっぱり学生から社会人という大きな変化に対応しきれず、辛い思いをしている人もたくさんいるみたいです・・・。

 

 

このように、辛い社会人一年目を経験した人はたくさんいるようです。

僕も社会人一年目の時の辛さを覚えていますが、あの時には戻りたくないですね。

もちろん、いい経験にはなりましたけど、それ以上に辛い部分が多すぎました・・・。

 

そんな社会人一年目で社会の厳しさを感じ、辛さに耐えられず仕事を辞めたいと思っている人もいることでしょう。

実際に、僕自身も社会人一年目は毎日辞めたいという思いが頭の中でいっぱいでした。

では、社会人一年目の辛さを乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

社会人一年目の辛さをどう乗り越えるべきか?

社会人一年目で辛いし辞めたいと思っているあなたへ!

1:全ては今後の成長のためだと一通り経験する

社会人一年目には辛いこともたくさん経験すると思いますが、それらは全て今後の成長に繋がると思えば乗り越えることができます。

上司からの説教やお客様からのクレームなども辛い経験を社会人一年目の時に一通り経験していれば、あれ以上辛いことはないと簡単には折れない屈強なメンタルを手に入れることができます。

 

また、辛い経験をしていれば同じ経験した人のことを理解することができ、後輩を指導する時にも適切なアドバイスができ自身をより成長させてくれます。

今辛いと感じていることは自分に余裕がないことが原因だったりもするので、一通りの流れが分かった二年目以降には辛いと感じないかもしれません。

社会の厳しさを知っていれば、今後ビジネスを進める時にもプラスに働くので身体や精神が壊れない範囲で経験しておくほうがいいでしょう。

 

2:失敗を恐れず果敢にチャレンジする

上司や周りの人も含めて、社会人一年目の新入社員が失敗しないなんてことは初めから思っていません。

むしろ、何かしらの失敗をして当然だと思われています。

だって、まだ仕事の流れややり方なども把握できていないのだから。

 

なので、社会人一年目の時には気負いせず、色んなことにどんどんチャレンジして見ればいいのです。

逆に言えば、失敗が許されるのは社会人一年目の時までなので、その時期にいかに失敗できるかは今後の自分の財産となります。

失敗を恐れず果敢に挑戦するチャレンジスピリットを持って仕事に臨んだほうが確実に楽しく過ごすことができます。

 

3:相談できる相手や仲間を持つ

人間はそんなに強い生き物ではないので、全てを一人で抱えてしまっては確実に潰れてしまいます。

それこそ仕事の辛さやストレスを溜め込んでしまっては、いつか身体や精神が崩壊しダメになってしまうでしょう。

 

だからこそ、辛いことや悩みを相談できる相手や仲間を一人でも持つことが重要で、お互いに励まし合えば辛いことも乗り越えることができます。

また、悩みを分かち合ううちにその人物との絆も深まり、自分たちを高め合える大切な存在になっていくでしょう。

 

4:新しい仕事を探してみる

一度就職した会社が全てということはありません。

世の中には色んな企業が存在し、人間関係や労働環境も様々。

なので、今働いている職場が自分に合わないと思うなら別の会社を見てみるのも1つの選択肢だと思います。

 

最近は、第二新卒というものもあり3年以内であれば転職することも可能な時代になっています。

 

もし、今の職場がどうしても自分に合わないなと感じているなら新しい道を選択するのも今ならできることの1つだと思います。

 

5:自立できる力を身につける

自分で生計を立てることができるようになれば、会社に属さなくて生きていくことができます。

自立と聞くと、『自立=経営』のようなイメージを持っている人も多いかと思いますが、何も絶対にお店とかを経営する必要はありません。

それこそ今の時代なら最初は副業感覚で始めてお金を稼ぐことができるものもたくさんあります。

 

それをコツコツと進めていくうちに本業の収入を超えてしまって、いつしか会社で働かなくても良くなる状態になった人も。

そのうちの一人が僕です。

日本ではどうしても企業で働くことこそが正義みたいな感覚が強いですが、別に自分で収入を得る方法だってたくさんあるので周りの意見に流される必要はありません。

 

社会人になってみて『こんなはずじゃなかった・・・』と思っている人は、視野を広げて自分らしい人生を過ごせる方法を見つめ直してみるのがいいでしょう。

 

まとめ

社会人一年目で辛いし辞めたいと思っているあなたへ!

今回は、社会人一年目で経験する辛さやそれを乗り越える方法について解説しました。

学生から社会人と大きく環境が変わるので辛いと感じることもいっぱいあるでしょう。

ただ、その辛い経験をどう活かすかが重要になってくるので今回お伝えした内容を参考に今後の生き方を考え直してみてはいかがでしょうか?

 

それでは本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

PS:

僕のメールマガジンではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

→Kazutakaのメルマガに登録して無料プレゼントをゲット!

→Kazutakaの限定Line@はこちら!

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*