アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

こんにちは!Kazutakaです!

アフィリエイトをやっている人に聞きたいのですが、こんなことを思ったことがありませんか?

  • 『記事を書きたいけど、時間がない・・・』
  • 『自分の知らない分野の記事はなかなか書けない・・・』
  • 『もっと楽に記事を更新できるようになりたい・・・』

 

こうしたことを思っているならば、間違いなく“外注化”を図るべきです。

アフィリエイト作業を外注化できれば、自分で記事を書かなくともサイトを構築することができます。

 

特に、サラリーマンやOLなど本業があって毎日忙しい人は外注化を上手く進めることも稼げるようになるためのステップだといえます。

ただ、外注化を進めろと言われてもどうすればいいのかが分からない・・・という方もいることでしょう。

 

そこで今回は、アフィリエイトにおける記事作成の作業を外注化する時のコツややり方などをご紹介していきます!

 

外注化する時のメリットやデメリットは?

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

まず、『アフィリエイト記事作成の外注化』というのがどういうことなのかというと、自分以外の人に記事を作成してもらうということ。

つまり、他の人にお願いして今まで自分が作っていた記事を代わりに作成してもらうということですね。

これによって自分で書かなくても記事が自動的に出来上がって更新できるようになります。

 

外注を上手く使えば、自分の作業時間は0にも関わらず安定した収益を得られるようにもなれます。

ただ、外注化する時にはメリットとデメリットがあるので、まずはそこから理解しておきましょう。

 

外注のメリットは?

ざっくりにはなりますが、外注のメリットはこんな感じになります。

  • 自分の作業時間や労力を省くことができる
  • 自分が知らないジャンルのサイトも構築できる
  • 複数のサイトを同時に構築できる
  • 記事作成以外のこともやらなくて済む

 

今まで自分がやっていた記事作成を他の人にやってもらうので、費やしてきた時間や労力が省けて自分の使いたいことに時間を使えるようになります。

また、稼げるとは分かっていても自分の知らないジャンルだとなかなか記事が書けないもの。

そんな時に、その分野に詳しい外注さんを見つければ記事を書いてもらい、収益性の高いサイトを構築することができます。

 

その他にも外注さんを何人も雇えば同時並行で色んなサイトを構築することが可能。

外注さんに記事作成外のこともやってもらえれば、もうほとんど自分ですることはなくなります。

 

外注のデメリットは?

では、逆に外注する時のデメリットにはどんなものがあるのか挙げてみました。

  • 外注費(コスト)がかかる
  • 外注の教育に時間や手間がかかる
  • 優秀なライターを探すのが大変
  • 途中で連絡がつかなくなり逃げられる

 

他の人に作業してもらうので、その分外注費としてコストがかかります。

外注費に関しては後ほどお伝えしますが、しっかりと管理しないと膨大なコストになってしまいます。

 

また、すごく良い記事を書いてくれる優秀なライターさんがすぐに見つかればいいですが、なかなかそういう人を見つけるのは至難の業。

なので、ライターに登録したばかりの初心者やまだ経験の浅いライターを上手く教育して優秀なライターに育てていかなくてはいけないこともあるのです。

そうした時に、記事の書き方や文字装飾など色々と教えなくてはいけないことがあって、この教育がまぁ大変。。。

 

それ以外に外注さんによっては途中で連絡が取れなくなったり、全然指示通りに記事を書いてくれない質の悪いライターも存在します。

好き勝手に書かれた記事だと、こちらの意図していない記事なので全く使えずお金だけが無駄になるなんてこともあるので注意が必要なのです。

 

こんな人は外注化するのがおすすめ!

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

外注のメリット・デメリットを押さえた上で、どういった人に外注化はおすすめなのかご紹介していきましょう。

個人的には、以下のような人は積極的に外注化を進めていいと思います。

  • 忙しくて記事作成の時間が取れない人
  • 記事作成をある程度自分でできるようになった人
  • アフィリエイト収入を拡大していきたい人
  • 自分が好きに使える時間を確保したい人
  • 人を管理するのが得意な人
  • メッセージのやり取りが苦ではない人

 

やっぱり外注を利用する目的としては、記事作成の時間を省略し自動で記事を作成したいということでしょう。

特に、副業でアフィリエイトをしている人はなかなか作業時間を確保するのも難しいので、他の人に記事作成をお願いしたいと思っていることだと思います。

そうした毎日忙しくて時間のない人こそ外注を利用してみるべきだといえます。

 

ただ、他の人に記事作成を任せるということはある程度自分でも記事作成を体得していないと、人に指導することはできません。

なので、外注を利用する前に必ず自分も記事作成の作業に慣れている方が、その後が圧倒的に楽です。

 

あとは、外注を利用するとライターさんとメッセージでやり取りをすることもあるので、そうしたやり取りが苦痛な人は自分で記事を書いたほうがいいかもしれません。

 

どこで外注を探すのがおすすめ?

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

では、どこでライターを探せばいいの?と思っている人もいるでしょう。

記事作成の外注ができるライターを探すならクラウドソーシングを利用するのがおすすめ。

中でも以下の2つには優秀なライターさんも集まっているので、僕もよく利用しています。

 

どちらも無料で利用できるクラウドソーシングで、条件を指定したり優秀なライターも見つけやすくなっています。

また、多ジャンルのライターも存在しているので、少しマニアックなサイトを作る時にも便利。

これから外注化を進めていこうという人は、上の2つをとりあえず使ってみるのがおすすめです!

 

外注を雇う時の単価は?

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

記事作成の外注を行うということは、ライターさんを雇って記事を書いてもらうということになります。

で、クラウドワークスなどにおいてライターさんを探す時に1記事あたり〇〇円といった記事単位の単価を提示することになります。

この単価に応じてライターさんが応募してきたりします。

 

では、一体どれくらいの単価を設定するのがいいのかというと、ジャンルにもよりますが概ね以下の単価だとライターさんも集まりやすくなります。

  • 1,000文字以下の記事→1文字あたり0.2~0.4円
  • 2,000文字程度の記事→1文字あたり0.3~0.5円
  • 3,000文字程度の記事→1文字あたり0.4~0.7円
  • 4,000文字程度の記事→1文字あたり0.6~1円
  • 5,000文字以上の記事→1文字あたり1~2円

 

だいたいこんな感じだと思います。

もちろん、3,000文字以上の記事なのに400円という格安の値段で書いてくれる人もいますし、1000文字程度なのに1文字1円じゃないと書いてくれないライターさんもいます。

ここは交渉次第になりますね。

 

質と量のどちらを優先したいかにもよりますが、なるべくコストは押さえて文字数をたくさん書いてくれるライターさんをさがしたいところです。

 

外注化するタイミングは?

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

正直な話をすると、アフィリエイトを始めてすぐに外注を利用するのはおすすめではありません。

それはなぜかというと、アフィリエイトを始めて間もない時というのはまだ自分もアフィリエイトのことがよく分かっていないから。

その状態で他のライターが書いた記事を見ても良い記事なのか悪い記事なのかが分かりません。

 

『ライターさんが書いてくれた記事だから大丈夫だろう』と思っていた記事が他のサイトの丸コピだった場合、その記事はいつまで経っても上位表示しません。

なので、記事の良し悪しを見極めるためにもある程度自分も記事作成に慣れてから外注を利用するのがいいと思います。

 

僕がアドバイスする時は自分で月収1万円を安定して稼げるようになったら実力もついてきているので外注を始めてもいいですよ!とお伝えしています。

 

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

それでは、お待たせしました!

ここからアフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方をご紹介していきます。

 

その1:作業マニュアルを用意しておく

作業マニュアルを用意せずに外注を利用し始めると大変なことにあります。

例えば、アルバイトの新人に仕事を教える時もマニュアルがないと教えるのがかなり大変。

それと同じように記事作成を外注する際にも、ライターさんがすぐに作業できるように、予め自分がどのようにいつも記事作成を進めているのかをまとめてマニュアルを作っておくことをおすすめします。

 

それがあれば、途中で辞められて新しい外注さんを雇う時にすぐに作業に慣れてもらうことができます。

外注を利用する時に一番手間がかかるのは、何度も指導すること。

しかし、作業マニュアルがあれば『あとはこの通りに記事を書いてください』と丸投げすることだって可能になります。

 

その2:コミュニケーションの取れる人を選別する

メッセージのやり取りをする中で、コミュニケーションを上手く取ることができない人は要注意です。

応募する前にまずはプロフィールをお知らせくださいと言っているのに、いきなり単価の話をしてくるような人もいたりします。

そうした人はこちらが指示したことも守らない傾向にあるので、非常に厄介です。

 

なので、そういった人から連絡が来てもスルーするのが無難です。

 

その3:知識が深いライターにアプローチする

出来ることなら専門分野に詳しいライターさんに記事作成をお願いするのがベストです。

やはり、知識がある方がより質の高い記事を仕上げてくれるので、なるべくライターさんの得意分野を見て記事作成の依頼をかけるといいでしょう。

クラウドソーシングにも検索窓があって、そこに『美容』と打ち込むと美容のことに詳しいライターさんを絞ってくれる機能もあったりします。

 

また、ライターさん側も自分の得意分野なら楽しんで記事作成をしてくれるので、安価なのにたくさん文字を書いてくれたりもします。

 

その4:過去の実績をチェックする

外注を探す時には、できるだけ過去に受注経験のある人を見つけましょう。

登録したての新人でも教育すれば良い記事を書けるようになりますが、記事作成以外にクラウドソーシングの使い方の説明などもしないといけないことがあったりします。

 

その点、過去に実績のある人なら納品までの流れをある程度は分かっているので、やり取りもスムーズに進んでいきます。

 

その5:稼働時間や納品頻度に相違はないか確認する

外注さんの中には、『週◯時間、納品は毎日でも対応可能です。』とプロフィールに記載されていることがあります。

しかし、それは仕事が欲しいがためによく見せかけているだけの場合があるので、契約前に本当に相違はないかを確認しておくことが重要です。

 

そうでないと、契約した後に全然納品してこないようになるなどトラブルにも繋がります。

大切なことなのでしっかりとメッセージなどでも確認するようにしましょう。

 

その6:契約前にテスト記事を作成してもらう

いきなり外注さんと契約するよりも、まずはテスト記事として一度外注さんに記事を書いてもらいましょう。

その記事を見て、ライターとしての実力も確認することができますし、改善点も予め伝えることができます。

 

契約した後に、自分が思っていたのと全然質の違う記事が納品されては使い物になりません。

そうならないためにも、必ず最初にテスト記事を書いてもらうようにしましょう。

 

その7:予めサイトのコンセプトを伝える

予めサイトのコンセプトを伝えることによって、ライターもどのような記事を書けばいいのかイメージがつきやすくなります。

そのため、メッセージの中でどういうサイトを作りたいのかを伝えたり、実際に自分のサイトを見せるのも1つだと思います。

 

その8:記事タイトルや見出しを送ってあげる

記事作成をお願いする時には、タイトルや見出しを指示してあげるとスムーズに記事作成をしてくれます。

なので、『記事作成お願いしま~す』だけでなくちゃんと自分の思っているクオリティの記事を書けるようになるまではタイトルや見出しの付け方なども指示して上げましょう。

また、タイトルや見出しの付け方も作業マニュアルで指示していれば、自分のする作業も減って自由に使える時間が増えます。

 

外注化する前に心得ておくべきことは?

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

最後に外注化する前に心得ておくべきこともお伝えしておきます。

自分の代わりに時間を費やして記事を書いてくれるライターさんはものすごく魅力的に思えるかもしれませんが、時として非常に危険な人物にもなりえます。

例えば、ライターさんに記事作成のサンプルとして自分のサイトを教えた場合。

 

悪いことを考えるライターなら、このジャンルの記事を書けば稼げるのだと思って外注された記事を書かず、自分でサイトを作って儲けようとする人もいたりします。

その他には、ライター契約した時に記事の書き方だけを盗もうとする人もいて、自分のノウハウがそのままパクられてしまうなんてことも・・・。

なので、ライターさんと契約する時には全部を教えるより伏せるところは伏せて、ちゃんと信頼関係が構築できてからサイトなども公開したほうがいいでしょう。

 

外注化のまとめ

アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方は?

今回は、アフィリエイト記事作成の外注化をする時のコツややり方をご紹介しました。

外注化を上手く進められれば自分は何もしなくてもサイトが出来上がり、収益も自動で発生させられるようになります。

ただし、外注化にもメリットやデメリット、そしてリスクもあるのでしっかりと良いライターさんを見極めて、信頼できるパートナーと一緒に取り組めるようにしていきましょう。

 

それでは本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

PS:

僕のメールマガジンではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

→Kazutakaのメルマガに登録して無料プレゼントをゲット!

→Kazutakaの限定Line@はこちら!

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートを無料で配布することにしました。

僕のメルマガではアフィリエイトにおけるブログの立ち上げ方からネタ選定・記事作成など必要なステップを1つ1つ詳しく解説しています。

そして、今までの僕のブログノウハウを全部つぎ込んだレポートをメルマガにて無料配布しています。

まだアフィリエイトのことはよく分からない、なかなか思うように稼ぐことができていないなどの悩みがあれば、無料ですのでぜひ登録してみてください。

Kazutakaに興味あり!って言う方も是非ご登録お願いします(笑)

無料プレゼントでどうやって月100万円を達成したのか?を教えちゃいますよ~。

2 件のコメント

  • ブログランキングから訪問させていただきました。
    アフィリエイトの記事作成の外注化という方法があるのですね!
    これからコツコツ頑張って、外注化できるようになります!

    • カイキさん
      ご訪問ありがとうございます!
      外注化はアフィリエイトで報酬を伸ばしていく時に重要なスキルですので
      コツコツスキルを身につけた先にはマスタしてみてください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    *